Chicorissimo C'e! ~Pacco~

 小学校を終えるまでは、当番制で、木切れとおがくずを棒状にした商品"オガライト"で風呂を沸かしていた。ごみ焼きなども大好きで、頼まれもせずにせっせと火を付けては他に燃やせるものが無いか探した。母方の実家へ行けば五右衛門風呂と囲炉裏で火が活躍しているのをじーっと眺めていた。
 幼少期に生きた火を使ってきたせいか、暖炉、囲炉裏があるのを見るとなんとも羨ましくて仕方がない。"そんな人は都会にも少なくはないだろう。"と思い、構想を一つ思い描いていたのだがやる前にアタリがきた。たとえるなら、川で魚を釣ろうと糸を垂らし始めたら、針が水面に触れる前、偶然にも跳ねた魚が引っ掛かった状態。
 針が外れないよう、岸までうまく竿をコントロールできれば恩の字。けっこう大きな魚、うまく捕まえられて、更においしければ・・・・ほっぺが落ちても構わない!
焦らず慎重にPiano! Piano!
 
 
 
[PR]
by hellingen | 2006-03-14 19:55 | Chicorhythm
<< Chicorissimo C&... Chicorissimo C... >>