Chicorissimo C'e! ~Fietsen Franders2~

 ~Frame~
 滞在先から10KM離れた駅へ行き、そこからOudenaardeへ乗り継ぎの悪い電車を使って3時間近くかけFlanders bikesに。
 頼まれていた品物が有ったのでひとまずOkay。だが、博物館とCafeがお休み。時期柄いたしかたない。
 買ってきたフレーム、Eねー。自分の1年前の物からマイナーチェンジ、下引き対応ダボ付のインテグラ-レヘッド。軽くなったようだし。
 まあ安いので、ご多分に漏れず台湾、中国辺りのOEMのようで、日本で売っているTNIとそっくり。でも、コンセプトが違うからやはり別物、レース用ですから。軽いしボトル用のダボなんてない。
 一緒だったらTNIで十分だが、微妙な違いが有ってこちらのを買うのがBETER。銘柄がCrossの本場ベルギーなだけで気分的に順位もひとつは上がる〔?〕から。
 なにはともあれ、このフレームを駅から10KMも自転車に乗って抱えて帰るのがしんどかった。手数料しっかりいただきです。ウフ。
 
~TV番組 アレ!アレ! ジンバブエ!~
 面白い企画をやっている。以前’南の島の国がオリンピックのボブスレーに挑む!’なんてやって映画まで作り資金調達していたが、それのCross版。ジンバブエで自転車に乗っている人をチョイスしてきて挑戦させるというもの。日本よりも自転車競技のマイナーな国ですから、走りはちょっと。しかしコーチ陣が凄いので少しずつレベルは向上中。
 コーチはパリ~ルーべ3勝を筆頭にクラッシックでならしたロジェ ド ブラミングを軸に、常勝の世界選チャンプ フレディー マルテンス、ベルギー人最後のツール覇者 ロシアン バン インプ等、歴代の大御所。
 身体能力の高さとコーチ陣、バックアップするスポンサーまで着いているので、実際に走りを見たら、何名かには負けてしまいそう、この私。
 そんな彼ら、与えられた1台のCrossで100kmを越すロード練からなにまでこなすので、わたしもCrossしか持ち合わせない身ですが、ボトルゲージがないくらいでガタガタ言わずにそれで精進します。

 強がりな人生 A,Harunobu
[PR]
by hellingen | 2006-01-04 20:07 | Belgie
<< Chicorissimo C&... Chicorissimo C&... >>