Chicorissimo C'e! ~木こりズム~

f0016179_18252533.jpg

f0016179_1825259.jpg

~Ronde van west Akiyama~


 Primavera、お前少し太ったんじゃないか?

 本日も`好天`いや、`荒天`に恵まれ…
 谷からはいつもより大きな音、天井からは今までなかった`雨`。
 
 台風だと聞くと喜んで走りに出かけたものだが、いくらか年を食ったらしい、ゆっくり寝て、少し食べて本。あの沢山もらった本の一つだ。
 読むうちに15.00を回る。ふと、思い出したようにPrimaveraの前輪交換、先日やっと使えるタイヤを運んできたのだ。
 久々にPrimaveraのシートを外すと、なんとネズミにサドルをかじられていた。ここまでも…
 タイヤ交換を済ませ、レインコートに長靴姿でPrimavera練に出ることにした。まず、雛鶴峠を目指しターン、秋山カントリー入り口からその周りを囲む林道に入り小屋に辿り着くという、名付けて`Ronde van west Akiyama`コース。
 用意、スタート!
 `Primaveraよ、お前はこんなに重かったか?`早々に表れる丘で思う。ハートビートはあっという間にレッドゾーンに突入、それでも足をやりくりして峠に到達した。ターンして下りに入り、アウタートップ全開! といきたい所であったが、足はノッキング気味…。
 そんな事でくじけてはいられない、秋山C.C入口から`Devil's kitchen` の始まりだ。距離はほんの少しだが、勾配はそれなりだ。早速、悪魔が降りてきて料理に取りかかる。あ~苦じぃ~、あまりにも。何味にされているんだろぉ~、出来上がる前に抜け出さないとぉ~…足を着きたい。が、いつも励ましをかけてくれる自分自身はそれを許す筈はない。足を着くのは倒れてからにすればよい。悪魔に対抗し、キョーレツなストレスに喘ぎ声を大にしながら`Devil's kitchen`を抜け出しTopに辿り着いた。Oh~ 苦しかった。あとはガタガタ道を下るだけ。Self shotは忘れずに!
 川のようになった道を下り、崖に引っかかっただけの小屋へ着いた。
 ゴール!
 それは小一時間の出来事であった。

Jooooouw!
[PR]
by hellingen | 2006-10-06 18:25 | la Bicicletta
<< Chicorissimo C&... Chicorissimo C&... >>