カテゴリ:la gita( 25 )

↑↓13

この間出会った、極上の階段へ行く。
f0016179_14412171.jpg

段数151@0.18m=27.18mがだいたいの落差。
f0016179_14421642.jpg

生田の60%程しか無いが、自宅から10分程度とあれば上出来だ。

チョイと登って1m10s、おりて+1min=2m10sてところで30minで13回やってきた。

30分以上は疲労が著しくなるので程々で。

帰りは寄り道。
f0016179_1450493.jpg
f0016179_1450349.jpg

ひえ〜、竹林。深みにはまってしまった。
f0016179_1444276.jpg

パンダは居なかった。
[PR]
by hellingen | 2011-03-09 14:45 | la gita

Chicorissimo C'e!


 数ルートあっても飽きがくる。

 カブでルート開拓は、河口にむかって境川左岸をトレース。
f0016179_10182552.jpg

 カブはこんな道も得意。

 収穫はこのあと見つけた小さな七曲がり、ミラノ〜サンレモのPoggioを思い出す。
 
 次回は7でPogging(ポッジィオごっこ)敢行だ。
[PR]
by hellingen | 2010-09-13 10:18 | la gita

Chicorissimo C'e!

~HUNTER BIS!~

 やってまいりました、春、PRIMAVERA、タラの芽の季節です。

 出動命令が発令されたため、月曜日に出撃してきました。

 始め入った山は、チョイ早すぎて下山、寒かったからな春先。

 以前入っていた山でしたが動物の死骸は白骨しか見たことがありませんで

した。今回、生き倒れと思われるバンビに出会いました。きれいに肉は平ら

げられいましたが、まだまだ、生生しく、 ともすれば忘れてしまう' 生 'を

久々に感じました。 手向けせずにはいられませんでした。

 さて気を取り直し、春の息吹を探しにーーーー

f0016179_2050775.jpg


 道すがら、自らが植林に参加した土地を通過。元気に育っています。

 ○安のみなさん、お手入れ感謝です。

f0016179_20384096.jpg
 

 トイレ休憩しつつ桜を観賞。

 2シーター、サス固め! サンバー ダンプ仕様が本日の足だ!

f0016179_20404858.jpg


 標高の低い処へ場所替えして、いざ!

f0016179_20414837.jpg


 結構な斜面のぼさの中、タラの芽ゲット。やっぱり足回りは足袋が良い。

特に急斜面は。

 さて、家族で頂くにはまずまずの収穫でした。

f0016179_20453577.jpg


 タラの芽ハンター隊長は、さすがと思わせる2倍強をGET!

 同じ場所で収穫しているはずなのに、恐るべし目効きっぷり。

 
f0016179_20504748.jpg


 後は食べるだけ!

 天ぷらは上手じゃないのですが、オリーブオイルの力を借りて塩味で。

 贅沢させて頂いた一日でした。

 次回は、こしあぶらハンターかな。
[PR]
by hellingen | 2010-04-21 13:27 | la gita

Chicorissimo C'e!

~transport~

 パートナーご注文の品を自走輸送 鎌倉〜橋本 60KM弱。

 日没ぎりぎりで店舗を出発。
 
 おおらいに出てすぐに、変わったものに出会い足止め。


f0016179_1004730.jpg


 だいぶ前に発売された、電動式チョロQ。カインズホームの店頭で見た事はあるが、実走行してい

る姿は初めてみました、楽しそうです。

 そして、交差点で花を売るロバ。

f0016179_1052544.jpg


 一緒の男性がガタイの良いヒッピー風の男性のせい?

 ロバに近づけど、男性が声を発すると、皆バックを踏んで退散しているように見えます。

 私は、鞄も何もなく自転車だったので、次回会えるのを祈って海岸線へ向かいました。

 2h40m掛って帰宅。幾ら走っていないと言えど、さすがに内装3段では、ギヤ比が小さすぎて長

距離は大変。辛かった・・・

 
f0016179_1013552.jpg


 初めてブルックスサドルで距離を走りました。レディースサドルでしたが、なんだか良い感じ。

 ロードタイプでも有ったら試してみたいような感じ。(手入れが行き届かないからよした方が良い

か?)

 本日もDUVELで締め!
 
 
f0016179_10255133.jpg


 DUVELの様な、ゴールデン エール、外で飲むときは、後の方で飲む事が多く、度数的にも、味

的にも苦しくなってきてしますのですが、初っぱなの方に飲むと良いですね。

 実においしい。
[PR]
by hellingen | 2010-02-20 22:54 | la gita

Chicorissimo C'e!

~Sun set~

 取締役が勝手に決めてしまった商談の為だけに鎌倉へ行く。
 せっかく来たから海を見よう。
 ちょうど夕暮れ時、多くの人が夕日を見守って黄昏ています。
 けどね、Beachといえば、Sun setとか、水泳じゃなく、オランダのBeach Race!
 私は映像で見たことしかないけれど、MTBで砂浜を爆走するRaceの事。
 経験者いわく、Big Nameも多数参加して、とんでもない速さ!!!らしい・・・楽しそうです。
 そんな事で、とりあえず、店舗に置いてあるDENTIでZAND(蘭:砂)に挑んでみました。

f0016179_1022966.jpg
 

 ・・・・座礁・・・・。セミディープが装着されていようが沈みます。結局担いで脱出。
 コクセイドごっこ終了。


 




 
[PR]
by hellingen | 2010-01-26 20:30 | la gita

Chicorissimo C'e!


 〜世界の車○から〜
f0016179_23244393.jpg

 今日はグリーン車に乗る。

 夜に'いぶりがっこ'がTVに登場した。
 初めて食べたのは、秋田某所での忘年会。沢庵とは丸っきり別物。あれは'和'であって'和'でない。
 ベルギービールにも合ったなぁ。
[PR]
by hellingen | 2009-12-06 23:24 | la gita

chicorissmo C'e!

~zoo~

 早いもので、夏期休暇も4日目が終了。台風のおかげで現場に出たり、娘の喘息で小旅行が中止になったりと慌ただしいものです。
 そんな中でも、久しぶりに動物園位には行ってこれました。
 私自身、何年ぶりでしょうか?とんと記憶にございません。
 良く判っていない娘より、親が大喜びです。

f0016179_1115378.jpg

 彼(彼女?)、ズーラシアのタイガー
[PR]
by hellingen | 2009-08-13 23:00 | la gita

Chicorissimo C'e!

~108000m~

 平塚での作業も佳境を迎えつつあります。
f0016179_853186.jpg

 掘削マシンの回収に入りました。バラしてあっても、吊っている物で6.5tという重量。
f0016179_8531833.jpg

 総重量は40t近くなるので15tトラック二台呼ぶも、今日だけでは足りません。残りは地中に残して本日は終了。
f0016179_8531892.jpg

 CUB通勤なので、ちょっと気分転換に、たまにご相伴に預かる絶品うなぎ' 大磯 國よし'の前を通過し、秦野中井辺りを抜けてみました。なんとも言えない丘陵地帯の景色です。
f0016179_8531864.jpg

 地元Sasoカントク一派位しか知らないような道を行くと、懐かしき、木製の電柱を発見しました。何年風雪に耐えているのでしょう?
f0016179_8531898.jpg

 その後、犬越路(通行止ですから、''フィクション''です、もちろん。)のグラベルを激走し413に出れば↑この有様。螺子が緩んで紛失していました。ヒーターのスイッチやら風防やら、ブランブランになってしまいました。
[PR]
by hellingen | 2009-05-20 08:53 | la gita

Chicorissimo C’e!

~corner~

 気になる路地裏へ突入! 
 素敵なコーナーがありました。こういったところをレースで使ってもらいたいですね。
 (観る方としては!)↓

f0016179_975662.jpg

 
 坂はクリアしないで、コーナー途中にある道へ進むと、これまた素敵・・・と思いきや、100mもしないで主要道へ戻されてしまいました。↓

f0016179_9757100.jpg


 朝帰りの特権です。帰路だから時間に余裕&明るい。
[PR]
by hellingen | 2009-05-14 09:07 | la gita

Chicorissimo C'e!

~わき道~

 一週間ぶりの通勤ライド、張り切ったせいか、帰りに右膝後ろの腱が痛むのを感じましたが、いつもの道もつまらないので大分それた道を行くことにしました。
 まづは、平塚から愛甲、厚木の隅っこをぬけることに。

f0016179_838183.jpg


 27%の標識が現れたので、下ってみます。単距離にして80mくらいでしょうか? 試してみない手はありませぬ。

f0016179_8381859.jpg


 下ったところにあった標識で再度確認。やはり27%。
 KOPPENBERG(石畳で22%)所の騒ぎではありません斜度に関しては。
 ちなみに、往年の選手に思いを馳せ、近年改修される前のズタズタのKOPPENBERGに10年ほど前挑んだことがあります。ガタガタで腰など上げようものなら、後輪は滑るは、ふらつくはで大変です。タフな丘でした。
 41×21Tに、リムは激重MAVIC CXP30で挑みました。もちろん脚など着きません!!!
 
f0016179_8381881.jpg


 後半は中津川沿い、愛川町を通過してきました。愛川だけに水の町、水路がありました。その他、谷を上がる古の生活道(曲がりくねった、細く、斜度のきつい落ち葉等でスリッピーな坂道)が点在していて遊べるスポットです。

f0016179_8381815.jpg


 のどかな景色にグラベルもあったりして、眠気を吹っ飛ばしてくれるブラリわき道の旅でした。
[PR]
by hellingen | 2009-05-10 08:38 | la gita