カテゴリ:Lavoro( 41 )

Chicorissmo C'e!

~現場の必需品~



 現場では、グローブは欠かせません。
 皆、思い思い、作業に合わせてグローブを使っています。
 泥やオイルで汚れると滑ったりするので、激安軍手が圧倒的にシェアを占めていますが。
 私の愛用は、三重と言うメーカーの品。木こり時代にも使っていました。
 手の平部分がゴムコートはよくあるのですが、ここのは、生地の当りがゴワゴワしていなくて具合が良いのです。
 ほぼ一日着けているので重要なポイントです。

f0016179_20205249.jpg

[PR]
by hellingen | 2009-06-20 20:20 | Lavoro

Chicorissimo C’e!

~Come もぐら~

 推進工事も全延長97mの半分を掘り終えました。
 直径1.35mの管内を中腰で奥へ行くのも徐々辛くなってきました。(運動不足の賜物!)
 今やっているのは、推進工事で、刃口推進と呼ばれるもので、管の先にリング状の刃を付け、手で掘り進んで行っています。

 ここではベ3mほどのルトコンベアを入れ、そこに掘削土を載せれば、残土運搬用のバケットに落ちる仕組みにしてあります。

f0016179_5281314.jpg


 ベルコンの先はもろ地中の土です。リングの刃の先なので'刃先'とか'刃口'と呼んでいます。そして見えてる地盤の部分を'地山'や'堀山'等、'山'を付けて呼びます。'山が来た!'といったら、'崩れた!'ということになります。


 ちなみに刃口推進は地盤がしっかりしていないと出来ない工法です。地下水があっても×です。

 
f0016179_5354170.jpg

[PR]
by hellingen | 2009-06-17 05:41 | Lavoro

Chicorissmo C'e!

~土~

 掘削土の搬出。

f0016179_1819556.jpg




 横穴堀りは15本目、(因みに、一本当り2. 4m)ここから境界を侵さぬよう、右にカーブを切っていきます。
 地中でも数十mまでは境界線を守らなければ成らないのです。
[PR]
by hellingen | 2009-06-13 18:19 | Lavoro

Chicorissimo C’e!

~ankomost~


 管を推し進めて辿り着く縦穴、通称 '到達立坑' が掘りあがりました。 ↓
 深さにして8m。

f0016179_20185636.jpg


 5cmの厚さでコンクリートを打ったので、下では小手で均しをおこなっています。
 コンクリートが固まり、雨でも降ると水たまりが出来、均した人の上手い、下手が顕著に判明します。
[PR]
by hellingen | 2009-06-04 12:18 | Lavoro

Chicorissimo C’e!

~現場は~

 神奈川県某所、新規現場の書類作成のお手伝いの合間に、既存の現場にも顔を出しています。


       ここは当社で乗り込んでいる既存の現場6mの深さの立坑です。


f0016179_12285660.jpg

 まーるく見るのは、先頭のコンクリートの管(ヒューム管)に取り付ける手掘り用の刃口。これを突き刺して80m先の立坑まで掘って行きます。
[PR]
by hellingen | 2009-06-03 12:28 | Lavoro

Chicorissimo C'e!

~私共の手掛ける地下の様子~



 地下と言っても、ここは地面から1m位なものですけれど、例の四角い管を1日に2本のペースで進んでいます。今日で10本目、あと50本近く残ってます。おかげでゴールデンウィークまで仕事が有りそう。景気に関係なく、土木業界は年度末過ぎてから2~3ヶ月暇になって泣きが入ってしまうので有難い事です。
 管を導く推進マシンの中は↓こんな感じです。油圧のジャッキが多数使われているので、制御の為のホースが一杯です。
f0016179_10192074.jpg

[PR]
by hellingen | 2009-04-15 23:19 | Lavoro

Chicorissimo C'e!

~オープンシールド~

 久々の夜勤は、初めての工種*オープンシールド工法*。
 バックホウ(いわゆるショベルカー)で土を掻き出し、デッカイ推進マシンというもの(↓)を地中で押し進め溝を形成していきます。
f0016179_1495474.jpg


 マシンの後にこの(↓)ボックスカルバートと呼ばれる四角い管(ここでは高さ2m×横4m×幅1mの塊)をくっ付けて前へ前へと押し進めます。
 工事の目的は雨水の処理。
f0016179_1495489.jpg


 この現場、家から37kmと程よい距離、交通事情は良くないがほぼフラットで楽そう。
 自転車で!と言いたいが、昼夜の生活リズムが狂うので様子を見ながら。
[PR]
by hellingen | 2009-04-15 01:49 | Lavoro

Chicorissimo C'e!

~桜の下~
f0016179_12422629.jpg



 ヘルプで出向いていた現場から、川の土手に現場が変わりました。当社の専門分野からかけ離れた、畑違いの作業です。
 年度末までの仕事が片付き出し、暇になってきたお抱えの職人達の為に、一時しのぎ的に社長が頂いてきてくれました。
 桜は咲いていません、作業終了までに咲いてくれると嬉しいのですけれどね。
[PR]
by hellingen | 2009-03-19 12:42 | Lavoro

Chicorissimo C’e!

~アルバム~

 あまりにも雨がひどかったので、2パーティーが休みでしたが、工期がないので1パーティーは稼動。
 午後から現場に顔を出すことにして、午前中は写真整理↓
f0016179_1239368.jpg

 現場の状況写真は、検査時に提出します。提出の仕方は、各発注先によって異なります。
 ここでは台紙に写真と説明書きを貼り付けて提出です。綴じて15cm厚位のアルバムが5~6冊にはなりそうです。
 自分の36年分のアルバム以上。凄い量で、消化不良気味です。
[PR]
by hellingen | 2009-03-06 01:59 | Lavoro

Chicorissimo C’e!

~黒板~

 現場写真は、専用の黒板に、工事名、日付や工種などを書き込み一緒に写さなければなりません。ホワイトボードタイプのものもあるようですが、専ら、黒板にチョークというパターンが一般的です。↓↓↓↓
f0016179_1365117.jpg

 晴れだと良いのですが、雨だと字が流れるは、チョークは書けなくなるはで最悪です。
 写真は検査の再に証拠写真になるので泣きが入ります。特に地下に埋めて見えなくなるものの寸法などは抑えておかないと、’じゃー、掘って見せてもらいましょうか!’ってことにもなりかねませんので。
 このところの天気の不順さに悩ませられています。
[PR]
by hellingen | 2009-03-05 01:46 | Lavoro