カテゴリ:la Bicicletta( 215 )

Chicorissimo C'e!

怒濤の週末が過ぎ去りました。
そう、野辺山CX。土曜入の月曜日定休を合わせると3連休!
勤めているときはうれしいですが、駆け出しの自営業となると財政逼迫となるので、喜んでいられません。
そんな訳で、フリッツ(フライドポテト)の販売許可を取り付けて、出店しながらレースして来ました。
土曜日に現地入して、早速出店の予定が、プロパンの段取り&渋滞で遅くなり、1日目は低調も良い所、投資費用は取り戻さなくてはと、心穏やかでない日曜日は、深夜三時まで及んだベルギービールミーティングで重くなった腰を上げ、朝食も取らずに、4周程の試走をしたあと、途中、エントリーや、選手ミーティング以外は、フリッツを揚げている状態でした。

f0016179_14463997.jpg



スタート20分前、慌ててスタートへ向かい、バタバタしながらもスタート。
こんなに豪華メンバーの揃ったレースで走るなんて何年ぶりでしょう?
取り敢えずは、賞金圏内の25位目標にスタートラインを跨ぎます。
まあ、その速いのなんの、最近参加のGPミストラルとは訳が違う。皆、殺気だっていると云った感じです。
相変わらずスタートの乗りが悪い今日この頃(今回はアップしてないのが原因との話も・・・)で、スタート位置後発な方々にずぶずぶ抜かれた所で、ターゲットの三上店長発見。
そう、結構なテクニカルセクションがあるので、見つけたらラインの勉強がてら着いて行こうと、そして前回の吉見の借りを返してやろう!と目論んだのですが・・・速い。
ちょーアグレッシブです、もう強引な突っ込みもドリフトかましてブイブイ行ってしまうんです、チューブラーな走りに見えませんMTBテク炸裂!!!みたいな。
速すぎて、全然勉強にならない、おまけに更に気迫がいつもと違う。
フリッツ屋のおやじは、2周で着いていけなくなりました。
ソコから更に遅れラスト5周回くらいの4周目の看板を過ぎた辺りでしょうか。
ムムムムムッ!酒が抜けたか?アップが終了したか?走れる様になって来ました。ぐびぐび開いていた遥か彼方の三上店長との差が開かなくなってきました。
そのまま、ミスでバタバタと自滅して行く選手をパスしながら、無事に20位でゴールできました。
f0016179_144154.jpg

20秒位前の3〜4名の集団に絡めなかったのが残念ですが、致し方ない。深夜のミーティングもアップもクソも関係なく走り切った自分をただ、ただ讃えます。
賞金2.000円を得てレースは終了、フリッツの方は、設備投資費は何とか回収。来年も出店できたら、そこからが稼ぎです。
それにしたって、買いそろえた設備を使う日は他にあるのだろうか・・・?
[PR]
by hellingen | 2011-11-30 14:51 | la Bicicletta

Chicorissmo C'e!

日曜日の吉見はス五位の5位。
バックから追い上げるスタイルになりがちなので、1周目から行こうとしたら、皆さんもその気。
2周目に1段落で落ち着いたところでドン!
フリッツェンのGMが先頭にいて、ペースメイクしてくれたようで、少し間は広がり、気負って走ってみているつもりでも、中々おっさんのリミッターは切れないもので、とっとと集団に引き戻され、GMの一踏みでパックは粉砕、セパレート。
残され組からも遅れ、1人旅。
なんですね、取り残されてスピード落ちるとギャップを拾っちゃって拾っちゃって仕方ないですな。
そして浪費で更に遅れ。
むむむ、またしても三上さんを視野にしながら追いつけず終了。
当面の壁は三上さんなのである。同じ歳だし。
トップからの差は、昨シーズンは2分以上だったが、今回は1m15s程。
この辺りを救いとして次は野辺山CXへ。UCIで面子が濃いからどうなることやら。
外人さんもきて楽しそうですけど。
それよりも、ドーピングコントロールが心配である。
アルコール検出で2年間出場停止とか・・・
[PR]
by hellingen | 2011-11-09 13:06 | la Bicicletta

Chicorissmo C'e!

川崎マリンエンデューロに参加して来た。
カテゴリーは、男女混合ロード キング。
首謀者が自走、パンクなどで遅れる旨の連絡があり受付を任されるも、、
私は、P入渋滞。あげく駐車は受付から一番遠い所。
おまけにトコと一緒だったので、自転車でサーッと言う訳に行かず、えっち
らおっちら歩いてメイン会場へ。トイレにも行きたくなるしで、なんだかん
だ出場の3人が合流することなく、1番準備の整っていたライダーにスタート
を託す。
ゼッケンを第一走者に1分まえから慌ただしく着け、3個しか止められていな
い所で。10秒前のカウントダウウン。まあ、いいや、仕方がない。
着替えて、なにしてのところで、第一走者パンクでピット入、交代。
ラスト30分まで走って、バトンタッチ。
ただ走っていただけで、マークするもなにもなかったので、レース気分は味わ
えず。それでも結果は前半3時間の部優勝。
変わったスタイルのエンデューロで、休みを挟んで2時間の部スタート。
今度は、第一走をやらせてもらう。
ローリングスタートなので、誘導員に着いていく。
クロスの練習以外何ものでもないので、ローリングスタート地点からフルスプ
リント。
2周独走するも、強烈な2kmほどの向かい風区間があるので、吸収される。
其の後は、ほぼ前方5番以内に位置して、集団を小さくしようと試みるも、みな
踏めない?逃げるのが怖い?スプリント狙い?ってな感じでつまらない。
まあ、先頭集団はソロに出場の強者ぞろい、途中でメイトに交代する私とは、台
所事情が違いますもんね。
ずっと走っていたかったけれど、わたし以上に走りたくてウズウズしている2人
控えているので、交代のロスで集団から遅れないように、止めの一撃とばかりに
フル加速して集団を置いてけぼりにしてバトンタッチでお役御免。
第二走者も弾けた事しているので、とっとと着替え。
第三走者はレディースなので、高速集団からは遅れるも、順調にラップを重ねて
フィニシュ。
3時間の部も優勝。ということは、総合でも優勝。
一人1個ずつメダルを分け合い帰宅の徒につきました。
風が強かったので、踏み踏みで再来週のクロスに良い練習になりました。
そして、久々の大集団ロード走行でしたが、はっきり言って、集団の前方に上が
れるひともファンの回し方が判っていない。無駄足ばかりで、前にあまり出てこ
ない追い込みの方に、最終的にやられてしまってました。
先頭交代は下がる方向を風向きで替えなきゃ行けないのに、皆、左に下がり、右
から抜く。
今回強風区間は、斜め左前から風が来ていたので、引いた後は、右に下がるのが
適当。左に下がったら足を緩めると一気に風に後方に押しやられるので踏み続け
なければならない。
これで、消耗してしまった、前を牽く足を持った面々もだいぶ、浪費したんじゃ
ないでしょうか。
普段、こういった練習は出来ないから何とも言えませんが・・・もったいない。
の一言。
教える人もいないのが実情ですけどね〜
[PR]
by hellingen | 2011-10-24 13:29 | la Bicicletta

Chicorissmo C'e!

折角の涼しさも逆戻りで、身体がちょっと困惑気味?
移動4時間弱、寝るの4時間強的生活で、回復力がキーワー
ドです。
栄養補助食品にお世話にならず、黙々と生活していますが、
摂取したくなる今日この頃。
[PR]
by hellingen | 2011-09-16 00:59 | la Bicicletta

Chicorissimo C'e!

なんかしっくりこないので、ステムを1cm短くする。

ついでに伸び伸びFSAチェーンの交換して帰る。

やっぱりCampyが良いみたい。

それにしたってインターバル始めたけどきつすぎるよ。続かん・・・
[PR]
by hellingen | 2011-08-02 21:17 | la Bicicletta

Chicorissimo C'e!

誰が呼んだか、オカマギア。※(50×34コンパクトクランク)

踏みこなせるかは、別として、古い自転車乗りの一部はそう言ってくれます。

f0016179_21463289.jpg


今回は、わけ合ってオカマギアを解除しました。

さすがにレースじゃ、50ですと不安ですものね。

間に合ってくれてよかった。

それでも53じゃなくて52。

参ったことに、社外品のため、削って削って、やっと装着。

輸入元さんは、取り付け実験を絶対にしていないんだろう。

カタログに記載もない、合うクランク、合わないクランク(年式?)があるようだ。

とりあえず、しばらくオカマジャありません。
[PR]
by hellingen | 2011-07-12 21:46 | la Bicicletta

Chicorissimo C'e!

あれに出場の為、急遽借りたシャマルに付いているギアは、絶版レシオ

11〜21T 10S

f0016179_15584268.jpg


11〜19Tまではクロスレシオという格好良さ。

ディープリムはこうじゃないとね。

フロントが、おかまギアと言われて久しいアウター50Tだから、これも

替えた方が無難そうだが、発注掛けたのが遅くて、間に合うか疑問。

11T付いてるからいっか。
[PR]
by hellingen | 2011-07-11 16:01 | la Bicicletta

Chicorissimo C'e!

かつては、他人と被らない、どマイナーなパーツを珍しいフレームに付け、

’これで勝負して勝ったら楽しいでしょ。’

なんて喜んでいたけれど、今は、どマイナーなパーツは息を潜め、コン

ポでないと使えない的な状況。

ゴリ押しする力も衰えてしまったので、機材もフツーな方向へ。

クロスのメインBikeにAUTHORのフルカーボンをセレクト。

f0016179_2375288.jpg


折角レースにでるなら、勝負をしたいってもんです。

新作を試乗したら、今のと比べると、AUTHORは、フツーに戦闘力UP間違い

無しなしなのです

なんか、機材的に面白みがないけど、やる気だって事です。
[PR]
by hellingen | 2011-06-20 23:12 | la Bicicletta

そろそろClimbも

石畳のクラッシクが終わり、次は、アップダウンのクラッシクが始まる。
そんなことで、わたしも、丘だけではなく、そろそろ山へも。

今週も家からTOPまで50minの大垂水峠へ。
今回の追加は下って美女谷。
美女谷へのルートへ入ってから、まずは、行き止まりを承知で行った事の無
い道へ迷い込んでみる事とする↓


f0016179_1084988.jpg


暫く頑張ったが、ずーっとこんな調子。ナイナー買って出直しなさい的な道。
ゲートがある所まで登ってピストン。


f0016179_10102122.jpg


いつもの道へ戻って、美女谷由来のお姫様が顔を映したという沢があるらしい
ので担いで訪ねてみる。
私は速いツアラーなので、足下は何時も歩けるシューズ。
歩けるシューズは、こんな時に力を発揮!

沢を覗いてみれば、念願の美女が映っているではないか!!!!と思ったら自分だった。
どうりで美しいはずだ。

冗談はさておき、何だろう、間伐のあとで、枝やら葉っぱやらで沢は美しくなく、
ちょっと残念でした。


f0016179_10144025.jpg


正規のルートでTOPまで。短いけど意外と勾配きついので、果てました。
和田峠側に下りる元気はなく引き返して、大垂水峠を登り返す。
年々山がしんどくなるが、そんな事も言っていられない。

次回は大垂水→美女谷→和田峠だな。
[PR]
by hellingen | 2011-04-12 10:33 | la Bicicletta

パリ-ルーベごっこ

 ビックイベント目白押し、ロンドに入園式にパリ~ルーベ・・・etc

 良い天気が続いたが、今日は崩れた。

 パリ~ルーベを控えた前日、日本でバーチャに浸るには良い!?天気だ。

 境川CRの未舗装部分、セクション7をつないで藤沢に出た。

f0016179_1429208.jpg


 悪路にとどまらず、雨、風がとんでもなく強くて、これぞ ' 北の地獄 ' 感を味わって鎌倉入り。

 
[PR]
by hellingen | 2011-04-09 14:31 | la Bicicletta