カテゴリ:Belgie( 55 )

Chicorissimo C'e! ~木こりズム~

f0016179_204331100.jpg

~G.Cカントク`さそ`さん、冒険の1コマ~

 何故か職業訓練校を見学に連れて行かれた`さそ`さん達。
 なんと! 昨年度のチョコレート世界選手権 個人の部`チャンピオン`と遭遇!
 ちなみに、団体の部は日本から参加した組だったとか。
 ここでは`さそ`さんがこっそりとつまみ食いを敢行。そんな`さそ`さんを見て、後の者が続かない理由がない。
 ウ~ン、スウィーティー喆
[PR]
by hellingen | 2007-02-04 20:43 | Belgie

Chicorissimo C'e! ~木こりズム~

f0016179_2039295.jpg

~G.Cカントク`さそ`さん、冒険の1コマ~

 `さそ`さん & M.Takahisa ゲストハウスでの朝食風景。
 典型的クラシカルなフラマンの朝食は、`パン、コーヒー&果物`。
 昼からビールが待っている、ガマンガマン。
[PR]
by hellingen | 2007-02-02 20:39 | Belgie

Chicorissimo C'e! ~木こりズム~

f0016179_18153810.jpg

~G.Cカントク`さそ`さん、冒険の1コマ~

 ゲストハウスに到着した`さそ`さん。
 首都ブリュッセルから電車で2時間、かつてHapkinの醸造所があったKORTEMARK駅から車で数km、西フランダース州Hooglede村のフランツ邸。G.Chicorissimoのヨーロッパ活動拠点である。
 dalla sinistra→ M.Takahisa,Saso3,F.Joseph


 一週間の`おしごと`を済ませ秋山へ深夜帰宅、草木も眠る丑三つ時。
 お馬鹿です、何はともあれお馬鹿です。
 例の食べ切れずに茹でて冷凍庫に放り込んだ卵。
 一週間留守にするので、電気のブレーカーを落として出掛けたのだ! 冷凍庫に入れた意味が...な...い。
Uraraaaaaaa.....
 腕ならしに腐りかけたデッキをチェーンソウで解体。それにしても酷い作りだ。暫くは乾燥した薪には困らないな。
[PR]
by hellingen | 2007-02-01 18:15 | Belgie

Chicorissimo C'e! ~Belgie, その時 ⅩⅥ~

~DE RONDE VAN VLAANDEREN~
                                f0016179_950758.jpg
 ヨーロッパでは春を告げるレース、 Milano - San Remo が終わりました。次はいよいよBelgie、Franceへ移動しての石畳での戦いになります。昨年は我等がFlanders Lionこと、Tom Boonenの見事な連勝でしたが、今期は、誰が来るのでしょうか? 楽しみです。
 石畳をこよなく愛す私が、今回も挑んできた場所はこんな感じです。Stay先の佐々木邸から7~8km離れたZARENに有り、区間は2km弱程だと思います。なだらかな丘陵地帯にあるので、若干の勾配があり、下りでさえ厳しい石畳は、登りともなると筋トレ、拷問の何者以外でもありません。心も体も自転車も打ち砕こうとします!
 時に、ローカルレースのコースに含まれるそうです。


f0016179_9494837.jpg
 

 石畳へ入るのに、いつも目印にしているCafe。


f0016179_9503074.jpg
                    GO!!!!!!!!!!!!!!!
  

                                 
f0016179_9515117.jpg

                あまりの振動にコワレる~××××!
[PR]
by hellingen | 2006-03-22 10:14 | Belgie

Chicorissimo C'e! ~Belgie, その時 ⅩⅥ~

~Veldrijt Hooglede~

f0016179_13335414.jpg
f0016179_13341772.jpg
f0016179_13343518.jpg
f0016179_13345288.jpg
f0016179_1335127.jpg


Allez,Tsujiura!
 一周で集団はばらけ、前方ではツワモノ達のつばぜり合いが展開される。
 Cyclo-crossは、実力がもろに反映されるので、結果は勧善懲悪の時代劇のようにワンパターンになります。しかし、選手のエントリー、コースの違いなどで展開がちがうので、その中に面白さを見出すことができます。水戸黄門をついつい見てしまうように。
 Euro遠征をここ数年行っている辻浦(BS)は、昨シーズン辺りからようやくEuroのレースに馴染んで来た様に思います。2005-2006シーズンは、中盤まで中位をキープし、日本選手がなかなかクリアできないGoalへ確実に辿り着くようになりました。
 
[PR]
by hellingen | 2006-03-17 13:52 | Belgie

Chicorissimo C'e! ~Belgie, その時 ⅩⅤ~

~Veldrijt Hooglede~

f0016179_1819239.jpg

 先陣争いの激しいCyclo-crossのスタート、コースが細くなるため、兎に角前、前、前の位置取りが重要。
f0016179_18192077.jpg

 スタートの合図は号砲。秒読みは10秒前から行われないため、毎回の様に選手は先を急ぎジリジリと動き出してしまう。
 この日は万年3位、オレンジと紺の長身Petr Dlask (Cze) Empella Czech Team が普段以上にあまりにも早く動き出し、号砲前に関わらず皆釣られて スタートしてしまった。
f0016179_18193467.jpg

 普段は"まあ、いいか"的にレースは進行されるが、今回はWorld cup LeaderのSven Nys (Bel) Rabobank が、フライングスタートせずに留まったため、慌てたオルガナイザーは仕切りなおしの号砲を放ったが、アドレナリン全開の選手達には届かず。彼らは森へ と爆進していってしまった。
f0016179_18194856.jpg

 前代未聞の仕切り直し。一周回ってきた選手は既に泥まみれ。
 泥詰まりの自転車交換のため、ピットクルーが大慌てでピットからスペアバイクを運んできた。
[PR]
by hellingen | 2006-03-06 18:48 | Belgie

Chicorissimo C'e! ~Belgie, その時 ⅩⅣ~

~Saranno una gita.~
f0016179_18131491.jpg
 なにやら集団の影を発見!先回り!



f0016179_1813395.jpg


 
 先ずは先頭の二人に遭遇。
 なんと腕にはベルギー自転車連盟の腕章が。
f0016179_18135672.jpg 




 続くのは、どう見ても老人、老人、老人。
 ちなみに陽はあるが、風がピ~プ~結構な寒さ。
f0016179_18142435.jpg




 そしてしんがりを勤める人。
f0016179_1815241.jpg




 お見送り~! "Buona giornata!"
 蛍光イエローの反射ベストにはKBCの文字。


 ItaliaでCaffeと言えばEspressoのこと。
 Belgieで自転車と言えばロードレーサーのこと。
 レーサーの格好をしてロードレーサーで駆け抜けてゆく老人も多いが、この度出会ったのは、プチサイクリングの集団。
 こんな小さなお年寄りのプチサイクリングの集団をオルガナイズしているのは、なんとベルギー自転車連盟。レース会場で見かける連盟の腕章をしているのがその証。
 反射ベストにサプライヤーがいるのだから素晴らしい。
 レースに限らず、こんな小さな平日のプチサイクリングまでオルガナイズするベルギー自転車連盟の懐の深さには恐れ入る。自転車王国の名は伊達ではない。
 ちなみに、現首相と建設省TOPの趣味は自転車。
 首相は他国訪問時にはロードレーサー持参で出かける。
 HoogledeでCROSS観戦していれば、建設省TOPもお約束の長靴着用で登場。
 あ~、お国違えば連盟も違う。久々にエントリーの日本の自転車連盟主催レースにエントリー。何にどう掛かるのか?エントリーに5000円。
 まずは何年も続く悪習、"くだらない参加賞"なんてものを無くして欲しい。
 ベルギー自転車連盟の爪のあか貰ってきて飲ませたいが、全然効き目ないんだろうな、日本の自転車連盟には。


 
[PR]
by hellingen | 2006-02-22 19:11 | Belgie

Chicorissimo C'e! ~Belgie, その時 ⅩⅢ~

~Veldrijt Hooglede~
f0016179_17214917.jpgf0016179_1722177.jpg
 'Elite'クラスの選手がStart地点に集まってきた。真ん中に居るのは辻浦(BS)。
 Start地点は観客で一杯だが、選手たちは用足しを堂々と行う。これはクロスに限らずロードでもそう。
 時間に追われると、女子選手でも脇の茂みで平然と用足しを行っている場合がある。おいたわしい。
 ロケット発射もいよいよ!
[PR]
by hellingen | 2006-02-21 17:35 | Belgie

Chicorissimo C'e! ~Belgie, その時 ⅩⅡ~

~Veldrijt Hooglede~

f0016179_1852048.jpg

 この日は風も強く、フランダース特有の天気。雨がしばしば通り過ぎて行った。


f0016179_1855260.jpg

 いよいよ'Elite'クラスの選手がアップに現れた。
 Sven Vanthourenhout (RABOBANK)、彼は強かった為、特例が適用され、エスポワールの時からEliteクラスで走っている。


f0016179_188489.jpgf0016179_1861461.jpg
 昨年からの不調から抜け出しつつあるBart Wellens (Fidea)、ムラがあるのが特徴か?
 何とか足を確保して、STAY先のオランダから辻浦(BS)もやって来た。

f0016179_1863214.jpg

 サポートのピットクルーはピットへ向かう。
 今回の様な路面状況では毎周回選手がピットへ入る。クルーは洗車に追われ、フル回転の忙しさだ。


f0016179_1911281.jpg

 観客の歩く場所もこの有様。まるで田んぼのようだ。
[PR]
by hellingen | 2006-02-09 19:00 | Belgie

Chicorissimo C'e! ~Belgie, その時 ⅩⅠ~

Veldrijt Hooglede U-23

f0016179_17251282.jpgf0016179_17253419.jpg
 風車というとオランダのキンデルダイクが有名だが、ベルギーのフラマン地方の方がよく見かける。今はアクセントとして残してあるようだが、昔の使用目的は地下水の汲み上げ。平坦な土地柄、川の水は淀んでいるので飲料に適さなかった。その為、地下から汲み上げていた。フランドル地方で日常的にビールが飲まれたのは、こうした水事情によるものだそうな。
 Hooledeのワールドカップ開催地にもあり、その下がスタートライン。
 まずはエスポワール U-23から、コース中には3箇所のハードな階段、担いで駆け上がる。



f0016179_17255013.jpgf0016179_17261561.jpg
 コースは福祉施設の周り使ったもの。
 長い芝の様な草地だが、もともとの土質、前日からの雪により、コース全体が激しいぬかるみの状態。ちょっとした所でも、力の無い選手は担ぎを余儀なくされる。
 100Mほどの砂地も用意された。車輪が深く埋まるので、相当の出力がないと乗車したままではこなせない。殆どの選手が半分ほどでStop、担がされる。
[PR]
by hellingen | 2006-02-06 17:46 | Belgie