カテゴリ:mangiare( 54 )

Chicorissimo C'e! ~木こりズム~

f0016179_1363474.jpg

~montagna~

 雪化粧の南アルプスを望む。


 油っこいトンカツを食べてみたら胃の具合が×。
 何で食べてみようと思っていたのだろうか?
[PR]
by hellingen | 2006-12-21 01:36 | mangiare

Chicorissimo C'e! ~木こりズム~

f0016179_20202153.jpg

f0016179_20202214.jpg

~cucinare~
 
 おフランス的に言うと`ベニエ`

 そして、裏はあっても、おもてなし準備Okay。


 台風の影響か? 強い風は私達の仕事も吹き飛ばしてくれた。この所の長雨、陰謀だ…
 腐っていても仕方がないので読書の秋を実行する。しかし、食欲の秋でもあるので、読書だけではお腹は不満を訴える。折を見て何か作ってやらなければならない。
 AM10:00早くも訴えがおきたので`ベニエ`みたいな物を作成した。
 ベニエとは、ドーナツやチュロスのような物、小麦粉を溶いて揚げたお菓子だ。
 ニューオーリンズのフランス系が作るらしい。本国フランスではどんな物なのだろう。
 レシピは謎なので適当な料の小麦粉に卵、ミルクをぶち込み、オリーブオイルで揚げ、砂糖をかけて終わり。それらしく出来たのでよいのだ。家庭の味(?)、男の料理(?)ということにして。
 自分で作ったものだけに、寛大な舌と胃袋は文句一つ言わずにそれをたいらげた。前者は鼓を打ち、後者は膨れて満足気。
 あ~、悲しき性、揚げるのに使ったオイルの量を考えると、ローラーを回さずにはいられない。スポーツの秋とも言うが、これはひとえに心の問題だ! サボる理由は持ち合わせていない。元気な証拠としてとらえることに… 
 さて除湿機を持って来て貰うことになったので、おもてなしの準備をしなければ。
[PR]
by hellingen | 2006-09-18 20:20 | mangiare

Chicorissimo C'e! ~木こりズム~

f0016179_18532370.jpg

~豆~

 この所の愛飲はLavazza。

 昨日は、切らしたLavazzaのコーヒー豆も仕入れて来た。どこの店も、豆だとなかなか売っていないし、高い。割引なども余りないので、表参道にある輸入元、片岡物産直営のCafeまで出掛けた。
 そこでは、1kg(38??円)を買うとほぼポイントカードが一杯になる、すると1000前後のLavazza original カップ&ソーサー(エスプレッソorカップッチーノ用)が貰えるのだ。今回は一杯になったカードが有った筈なのにナイ_ナイ_ナイ_どこにもナイ!
 泣く泣く溜まりかけたもう一枚に判を押して貰い店をでた。もう一枚は後一つでfull。
 どこへ行ったのだろう?
 最近、小屋に来て、そこかしこに食べ物を隠すネズミの如く、毎回違う場所へ物をしまい込んでしまうので判らない。そんなカードより重要な物も判らなくなってしまった。
 ネズミ年の`性`ということにしておこう。
 この前の小屋整理で捨ててしまったのであろうか、はて?
[PR]
by hellingen | 2006-09-12 18:53 | mangiare

Chicorissimo C'e! ~木こりズム~

f0016179_22365511.jpg

~狩人~

 秋山へ着くと銃を持ったお爺さんかが小屋の先に。またイノシシが暴れているそうです。
 間違えて撃たないでくださいね。


 昨日の内にK.Yuji 邸にお見舞いがてら伺い、ミロで調達した白ワインで酒盛り。包帯グルグル巻きの手が痛々しい。聞くとドジな話だ、自分と同じ位。
 明けて昼近くにY.Tomoyaと20号線上で待ち合わせ、Mate80を明野へ配備してから車に同乗させてもらい秋山へ。Y.Tomoya初の訪問。
f0016179_22365531.jpg

 酒を下げてお見舞いに行ったはずが、逆にK.Yuji より某高級牛肉を貰って帰って来たのでビステッカにしてChimayで乾杯。
 よそに行かずとも十分バカンスな秋山の夜は更けていった。
f0016179_22365535.jpg

[PR]
by hellingen | 2006-08-13 22:36 | mangiare

Chicorissimo C'e! ~木こりズム~

f0016179_650224.jpg

~River side~

 パン屋さんの暑気払いにお呼ばれ。行列のできる店なので、皆さんお疲れのよう。
 少し食べたら皆シェスタです。
 森に入ってから、`やつれた`とか言われますが、昔から日常茶飯事なので、軽くなって快調そのもの、これ以上細くなると具合が悪いので食べ続けました。よく食べると感心される程に。
 気分よく帰ったのですが、夜半過ぎに、ネズミに体の上を2、3度横断されMaledetto!。
 遊ばれているようだ。 
[PR]
by hellingen | 2006-08-02 06:50 | mangiare

Chicorissimo C'e! ~木こりズム~

f0016179_21493377.jpg

~spa~

 白の対は小アジで。
 栓を開けたから、ここで眠りに付くこと決定。
 
 昨日のアフター5の名残は背筋の極度な痛み。乗っていないのにPUSHできるせいで一気にきた。 寝しなは体は火照るは痛いやらで寝付けず、外で寝ても火照りは取れずにもんどりうっていた。
 いつの間にか寝てはいたが、雨に起こされ車に退散。あまりの疲労の抜けてなさに`休みだと幸せだなー`と考えていたら、朝一番の電話で検査の絡みで急遽お休みの旨を伝えられる。Lunch boxの準備もまだだしlucky!
 何しに来ているのか判らなくなってしまうが、平坦を小一時間自転車に乗り回復走。温泉に行って蘇り、原村にチェーンソウのスペアパーツを取りに出向きがてらドライブして夕方、1日ゆるりとしました~。
 人と車が少ない高原をウロウロしていると空気がフレッシュで、甲府を抜けて帰る気がおきない。 ネズミに小屋を占拠されてもまずいので、明日は一度戻らないと。

激(!?)痩せ、A.Haru (だって坂がスムーズに登れるんですもん、自転車で。) より 愛を込めて! joooouw!
[PR]
by hellingen | 2006-07-12 21:49 | mangiare

Chicorissimo C'e! ~木こりズム~

f0016179_2011478.jpg

~木こりday31~
 
 夜のポリフェノールはこれ。
 
 間伐も佳境を向かえ、終了箇所の撮影、残りの境界の確認をしながら上り下り。唯一人、またも別働隊として朝から壁を2往復。
 午後になり、また一人、木を倒しながら横へ下へと場所を移動。昨日の自転車の疲労がボディーブローの様に効いてきた。何とか17.00まで持ちこたえた後、しばし打ちひしがる。き・き・す・・ぎ・だ。
 足取り重く下山、やっと、やっと休める。
 洗濯は朝だ!
 兎に角、動きたくない。
 それにしても、走っていないにしては昨日の中盤の走りは良かったな。
[PR]
by hellingen | 2006-06-02 20:11 | mangiare

Chicorissimo C'e! ~Sono dato una festa.~

だっちおーぶん♪

f0016179_256179.jpgf0016179_2561767.jpg

 風に煽られながら辿り着き、美味しいお酒と料理を頂く。
 今日の方々は、私のタパスに対して評価をくだしてくれた。
 良い味だと。
 だが、それ以上に美味な品には参った。
 +αも相まって、何て言えば良いのだろう?
 人生…イイネ!

f0016179_2561739.jpg


[PR]
by hellingen | 2006-04-09 02:56 | mangiare

Chicorissimo C'e!   ~I tutti piatti~

 花見に誘われていたので、お出かけ。一品持ち寄りだったので、ズ~っと悩んで作ったのが、マッシュルームを使った皿。本を探して作ったのだが、手軽で簡単。すっかり平らげてはくれたけれども、そういえば誰一人からも感想を聞くことはなかった。はりあいが無いな~。
 "名は体を表す"と聞いたことがあるから"空になった皿は、おいしかったを表す" と勝手に理解するとして、次の宴もこれだな! 今度は感想をきちんと聞いてこよ。
 土曜日お相手してくれる方、ちょっぴり期待していてください。
[PR]
by hellingen | 2006-04-04 21:25 | mangiare

Chicorissimo C'e! ~Fiore~


f0016179_11215613.jpg Prima:
 起床が4.30、休みにしては早い起床なので、食後のコーヒーを取りに、コーヒー道具一式を車に積んで厚木まで。桜には早かったけれども、まだ梅が咲き誇っていたので一杯。すぐに家に引き返して8.30。
 "自転車???"と悩んで止めにしたが、昼からは久しぶりにM.Masaru邸で杯を傾けることになっていたので、運動しておかないといかん!
 ちなみに、マラソン中毒みたいなものにかかっているのだか? 手に振るえなんかは来ないけれども、心拍を躍らせないといけない衝動に駆られるというのもあるので、JOGを小1時間ほど実施。坂で脈拍が上がると気分は◎。長年のハードな使用にやっぱり体はランナーズハイを求めるようになってしまった。なんと言ってよいのやら。
 
f0016179_11221529.jpgf0016179_1122265.jpgf0016179_11224689.jpg
 それでもって、Masaru邸へ。今回のM.Masaruの趣向はオリーブ漬けの食べ比べ。新たな入手先を開拓したそうで、変り種を4種類ほど。驚きの味だったのだが、それ以上の驚きが提供された。なんと私にとって20年ぶりになるマックのバーガー・・・!
 思い切って食べました。味!? 可も無く不可もなく・・・。
 Masaru邸と言えば、ワインの宝庫、自宅にワインセラーも完備してあるので、保存はまずまずでしょう。
 アルゼンチンのシャルドネ白、スーパートスカーナにバローロ。どれも10年以上たった代物が今回のお相手。白は色を見て流石に心配したのだが、うまっ!
 特に良かったのがスーパートスカーナ。しっかりとしたベリーの香りが漂い、口当たりがやさしくご機嫌!
f0016179_11225967.jpg


 とどめは苺のリキュール"Fragolino"をアイスにかけて・・・・至極の時を満喫。
[PR]
by hellingen | 2006-03-27 12:31 | mangiare