カテゴリ:mangiare( 54 )

Chicorissimo C'e! ~Vado a letto.~

 今日も色々しましたとも! 走る!飲む!食べる!そして睡魔。   
f0016179_21504396.jpg

                       ガォー!!!!


 くわしくはまた明日、ごきげんよう。Zzzzzzz・・・・・
[PR]
by hellingen | 2006-03-26 21:55 | mangiare

Chicorissimo C'e! ~cocoa~

 朝はココアを飲みます、バンホウテンのパウダーをたっぷりと使って。
 ココアと言えば、"血液サラサラ!" ポリフェノール効果で最近もてはやされました。
他にも言われている効能は、
        テオブロミン→リラックスできる、集中力がUP。
        遊離脂肪酸→ピロリ菌を抑える。
                                              などなど。

 今回新らしい効能が発表された。"口臭撃退"。
 これは、ポリフェノール等の抗菌効果の力によるところが大きいそうです。悪い菌だけに利くそうなので、良い常在菌を殺さずに済むとか。歯周病原菌を直接撃沈です!
 歯磨き粉も開発中のようです。

 そのうち、みのさんが昼にTVで詳しく教えてくれるかな?
[PR]
by hellingen | 2006-03-25 17:45 | mangiare

Chicorissimo C'e! ~Buona feria~

f0016179_217534.jpgf0016179_2173033.jpgf0016179_2175654.jpg
 自分をいじめに宮が瀬に向かう。弱いものいじめは感心しないが、相手が自分ですから構わないでしょう。久しぶりの宮が瀬、何ヶ月ぶりだろう?苦しいことこの上ない!
 目的は前回行きそびれた丸太小屋のオヤジ、きこりの相談もあったので、今日は真っ直ぐ向った。
f0016179_218106.jpg

 オヤジの所にはやはり暖炉があり、うるさいオヤジとは別に、炎をくすぶらせ静かに迎えてくれる。
 今日は山菜が取れたそうなので昼食に山菜のてんぷらを頼んだ。たらの芽、明日葉、ふきのとう、旬の味覚は良いものです。一緒に頼みもしない焼酎をおやじがついでくれた。
f0016179_2183584.jpg

 新天地について相談、おやじが一つ二つ掛け合ってくれることになった。もしかしたら、神奈川県内できこりできるかも????半分期待してたんです、オヤジの言葉、コネクション。どうなるでしょうか?
f0016179_2184584.jpg

 珍しく空いていたんで、町田の端っこのパン屋でおやつにストロベリータルト! を買ってから帰宅。タルトの画像が良くないですけど、きれいでも味は伝わらないからまぁいっか。
 雨が降ってきました、早すぎじゃない? 明日はまた山梨、長野、さっさと止んでくださいよ!
[PR]
by hellingen | 2006-03-18 21:37 | mangiare

Chicorissimo C'e! ~il formaggio~

~LE ROVES DES GARRGVES ~
 f0016179_1994062.jpg
 私の財政を圧迫するチーズ、栄養たっぷり。生きるために食べて、食べるために働いているのでエンゲル係数は高くてもまぁよしとしてます。
 今日はチーズが切れたので仕入れに行きました。気前の良い女の子が来月からパリ店に研修に行ってしまうので、その前に大量仕入れをしなければなりません。
 試食をして味に、価格に驚いた一品が有りました。LE ROVES DES GARRGVES 。フランス産でなんと発音すればよいか?香草だけを食べていた羊のフレッシュチーズです。すばらしい香りと味わいで、頭の中が一気に春になりました。あまりのおいしさに購入決定!、財布は冬に逆戻りしてしまいました。
 このチーズはスイーツといっても過言ではないくらいに、自然に甘く、香りよく、適度な酸味でやさしい味です。
 フランス料理ではデザートチーズといって、デザートにかなりのチーズを食べたりしますが、これならいくらでもいけそうです。
[PR]
by hellingen | 2006-03-17 19:39 | mangiare

Chicorissimo C'e! ~il planzo~

 甲府の某会館でのできこりの用事も終わり、表へ出れば雲行きが怪しい。雨・・・。
 少し悩んだがChicorissimo cycle pantsに名を連ねるMIROへ。昨年のDaniele Pontoni来日の際、食事を取らせてもらったきりご無沙汰していたので、合羽を着込み顔見せに向かった。
 久々にマスターとおしゃべり、"外には雪、お腹には白いぶどう酒"こんなコンビネーションとあいなったので帰宅はNG、布団を借りて睡眠を取らせてもらった。


f0016179_20432236.jpg

 本日は快晴、犬の相手がてら散歩に出向けばホラッ、富士山までばっちり!、久々にゆっくりさせてもらい、昼食に"海の幸"&"Spagetti Lagu" までご馳走に。
 Sono i piatti squisiti!
f0016179_21494147.jpg
f0016179_21465696.jpg
 

 15:00、Piaggioのキーを回す。気温はマイナス。体を動かさないMotoでは体が冷える冷える。首都圏に近づけば寒さも和らぐだろうと期待して、20号線を一路八王子へ。
 暦は既に春、暖かい日もあった。進むにつれ、山もだいぶ色付いてきたではなく""に・・・雪・・・だ! しかも八王子に進めば進むほど吹雪。さむいよ~
 もう、最後にしてほしい。
[PR]
by hellingen | 2006-03-13 20:43 | mangiare

Chicorissimo C'e! ~Ik ben zageman.~

 土砂降りの雨の中を方向感覚を狂わせながら彷徨うこと30分強、20:00にBois C'eresteに到着。
 あいにくの天気に客は私一人、一杯目はBoon gueze、そして黒豚のパテをオーダー、お通しに出されたのは胡桃とピーカンを殻のまま、くるみ割りつきで!
 まずはよそよそしく、マスター自身も1月に訪れていたというBelgie談義を写真を見せてもらいながら始める。おっ!少し額が上がってきている感があるが、見たことのある顔が写っている。
 世界は狭いというか、フラマン人で日本語通訳が少ないからなのだろうが、以前Belgieの佐々木宅へ日本語を習いに来ていたJanであった。Bois C'eresteのビール紀行に通訳のJanとあり、もしやと思っていたがBINGO!だった。
 そんなこんなで盛り上がろうとういう矢先、客足が増えてきた。(招き猫な自分。)
 カウンターに常連と思しき若いお客さんが座り、マスターのパートナーと思われる女性とTeam Aguriの話・・・待ってました!とばかりに話しに相乗りして麻布で溜まっていたものを吐き出す。
 琢磨様様ってところで2杯目はDollbier醸造所のOrebier & Friten。
このDollbier醸造所はBelgieの佐々木宅から近い。見学に連れて行ってもらったが平日で断られたところだ。まだビール自体飲んだことがなかったのでTRY、"Lukker"、おいしいです。SAINT FEUILLIEN Tripleの更に濃い感じがした。
 捕まえたCG関係の彼、マスターとおしゃべりを続け、色々と馬が合ったので名刺交換。役に立った名刺、職業の説明に感激してくれた。"木こり"の知人なんて初めてらしくて。
 さて最後に、チョコケーキとそれに合うビールということで、GRIMBERGENのdubbelで締めたらイ~時間。お別れをして駅に行ったら電車がSTOP、地下鉄線路内に酔っ払いだとか、おかげで帰宅が2時をまわった・・・

 
[PR]
by hellingen | 2006-03-02 18:56 | mangiare

Chicorissimo C'e! ~Sono solo.~

~Tutti piatti buoni!~

 気象庁の思惑通り、明け方から雨。一週間の精神衛生を保つための"Saturday night fever"は3時間10分のCycling。途中パン屋のStaffと遭遇、おしゃべりをしてペースを落とした以外はスムーズな速さを維持。
 精神の集中力欠如と空腹感が2時間30分で襲ってきたのが、自分がミドルレベルのスムーズな速さを維持していたという目安。ここ最近のポジションチェーック!の回数も減ってきたので、今期のセッティングも煮詰まってきたようだ。
 前倒しをして走った日曜の午前中の入れ替えは、30代御用足しの"お一人様"を自宅で。
 10時のおやつの御相手は、ワインといかした肴。自分に"いらっしゃいませ!"

f0016179_1202214.jpg:イタリアの赤Ca'di frara "La casetta"

:同上国のチーズ"taleggio"

:トルコのドライいちじく

:カリフォルニアレーズン Biologico

:スペインのサラミ

:町田の端で生まれるパン"campagne"+スイスエメンタールチーズ

 いちじくに塩気の利いたサラミや生ハムは、"あ・うん"の呼吸で美しいハ―― モニ――

 気になるのは、最近某所で仕込まれたらしい"どぶろく"は何時が飲み頃なのか?

 
[PR]
by hellingen | 2006-02-26 12:17 | mangiare

Chicorissimo C'e! ~il vino~

 Gruppo Chicorissimoの前身は、片倉建設自転車競技部。ここでもジャージが作成され何かと展開。
 A.Harunobu and M.Masaruにより、スポットBelgie進出が決行され、新聞にも乗っかって帰国した。
 その時に経験たした彼らのstyleがA.Harunobu and M.Masaruが展開した宴システムの原点だ。
 そんな変化を与えてくれた片倉建設自転車競技部の設立メンバーMr.S.Hideki邸に、山梨のワインが入ったグラスを開けるのを手伝いに出掛けた。
 基本的に山梨のワインには、きついイメージを持っているのだが、今回飲んだものは一升瓶にボトリングされたフレッシュなもの、グレープジュースの延長線的なもので非常に飲みやすかった。
 私にとって、馴染めないものが多い山梨産だったが、これぐらいだと悪くない。
 毎日が休肝日の日常を脱した2日間を終えた。
 アルコール飲料の良し悪しに、最終的な判断を下すのは体。飲み方にもせよ、馬鹿飲みはしていないから、スッキリ目覚められれば○。
[PR]
by hellingen | 2006-02-19 23:08 | mangiare

Chicorissimo C'e! ~Apple~

f0016179_174687.jpg ジャムの出来上がり、果実を大分残したので若干コンポート風。日常的に作る訳でも、こだわりがある訳でもなく、適当に作るので毎回大幅に味が違う。
 イタリアのsenza conservanti(無添加)表示のジャムは、100g当たりの砂糖の割合が60%が多い。この割合が保存を効かせるポイントなのだろうから、これだけは見習って砂糖を用意する。
 りんごに関しては、沢山頂いて食べきれない時や、食感がシャリシャリするりんごに当たった時、(基本的にフルーツは酸味があるものが好き。)これを小さく切ってクラッシュ!する。
 単純にその二つを煮込んで終わり。本当は酸化防止と酸味付けにレモン汁を入れたかったが、ストックが無かったので断念。酸味付けの意味合いで、白ワインビネガーを垂らすに留めた。
 りんごに何もせず作ると、酸化によってピンク色に仕上がる。酸化させないために、りんごの下処理を行うと果肉色。と聞いたので、酸化はちょっと・・と思い、塩水にさらして下処理を行ってみた。今回はミネラルの多い三温糖を使ったので、出来上がりの色は三温糖ブラウン。酸化の度合いは????
 自分で作ったから◎の出来。自分への採点はジャム以上に甘いのだ!
 寒さに耐え、雨中をグローブもせずパンを買いに行った甲斐も有ったというもの。紅茶やヨーグルトに垂らしてもごきげんだ。
[PR]
by hellingen | 2006-02-17 17:04 | mangiare

Chicorissimo C'e! ~a crack~

 ~出かける時は忘れずに。
 
 昨年自転車の靴を取り替えてから、いまだにいじくりまわしている自転車のセッティング。
 仕事によって筋肉の付きも変わるので、余計にしっくりこないのか?定まらない。ある程度走りこまなければ判らない事もあるので、定例の猿橋へ向かうにあたり、大幅にいじっていたら、サドルを支えるシートピラーに欠けている箇所を発見した。
 以前にサドルのレールが折れて、50kmを立ち漕ぎで帰った苦い経験をしているので、遠出に出る前に気づいて幸い、本日の猿橋行きはキャンセルした。先週から乾燥に負けて喉、鼻の粘膜がやられてしまい、咽返っていることもあるのでポジショニングに専念。今週の饅頭はおあずけだ。
 空気圧、ブレーキの効き、車輪の振れ位は見て出かけていたが、パーツ自体の始業前点検もしないといけない。
 さあ、饅頭の代わりにチーズ屋!去年の夏場から配属されてきた店員さんと仲良くしてもらっているのでオマケをちょくちょく。今日はレーズンとチョコ味のチーズ。帰って早速いただいた。

f0016179_1711786.jpg これは白カビ系のチーズのフレッシュなもの。熟成させていない。暫く発酵させれば中トロトロのブリーチーズのようになるそうだが、フレッシュチーズとして売っているのだからそんな野暮なことはしない。江戸っ子に言わせれば、野暮は'悪'だそうだから。
 さて、お味は爽やかな酸味を持ったさっぱり味。頂いたレーズンと共に食せば、美しい味が広がること広がること。下手にいじくりまわされたチーズケーキを食べるより、こっちが断然上品!
[PR]
by hellingen | 2006-02-12 17:35 | mangiare