カテゴリ:mangiare( 54 )

Chicorissimo C'e! ~Chimay~

~饅頭屋W~

f0016179_20292335.jpg
 午後は別段用事もないので、日出後に猿橋へ向かった。あまり当てにはならないと思う大垂水の気温計は-3℃。さすがこの冬一番の寒さだ。しかし、今日は太陽がそばに居てくれるので、先週ほどは寒さを感じずに走行、TANTANと距離を稼ぎ往路で目的の高嶋屋酒饅頭店で休憩。あんこの第一陣が既に完売されていた為、塩あん、味噌あん、魚あんの三種類をオーダー。あんがはみ出た失敗作があるといって、塩あんはお茶と共にサービスしてくれた。
 さて無事に13時30分に帰宅して洗濯と思ったら、携帯がない・・・。高嶋屋で財布と一緒に出して置き去り。電話で確認してMotoで取りに行くことにした。
 エンジン付きは楽だ、自転車より30分早いタイムで到着。店に入ると、「一日に2度も来てくれたから。」と言って缶コーヒーと饅頭を一つご馳走してくれた。話をしていたら旦那と若旦那は大のMoto好きで、Moto Guzziの旧車やらなにやらと、ごろごろ持っているそうだ。凄いよ、一日に60円の饅頭を何個売ったらそんなにMotoが買えるんだ?まあ、そんなこんなで一時間近くおしゃべりを楽しんだら17時。下道での山越えはあまりに冷えると思い、昼に食べそびれたあんこの饅頭を買って高速へ飛び乗り、1時間強で帰宅した。
 早いとは言え、さすがに芯から冷えたので、Chimayを入手して温まる事にした。
 久しぶりに走り回った感じ。
[PR]
by hellingen | 2006-02-05 20:31 | mangiare

Chicorissimo C'e! ~Ho freddo.~

f0016179_22102032.jpg
 結構久し振りになる、それなりに意気込みを入れるRun。雨、雪で短縮していた猿橋への走りの一回目。午前中に仕上げたかったので、5.30に旅立ち。流石に寒過ぎだが、我慢してギリギリと進む。ペースの感覚はよいがスピードは遅い。
目標の4時間をピピタイム以外はノンストップでこなし往路の上野原でガス欠。予測の事態なので補給。
 9時から開店しているという高嶋屋という饅頭屋に入ってみた。湯気の立つ一つ60円の饅頭を頼み、店内での補給をお願いしたらお茶を入れてくれたので、おしゃべりしながら10分程休憩。モチモチした皮がおいしくて追加したくらい好みになった。
 次週からの目的を変更、往路の高嶋屋で饅頭だ。
おしゃべり好きな気の良い個人店舗は、ご機嫌だ。
[PR]
by hellingen | 2006-01-29 22:10 | mangiare

Chicorissimo C'e! ~Origimal~

 S.Hiroaki監督に連れられて出向いた秋田でのPartyで、どぶろくに出会った。
 あまり日本人の作るお酒、いや、お酒類には触手を伸ばしていなかった。が、イタリアのワインに触発され、ベルギーのビールに感心し、秋田のどぶろくに撃墜された。 昨年来お世話になっている青森県出身のミドルリーダー、Y.Katsumiの事務所に新年の挨拶のために立ち寄ったその目の前に、それは現れた。  桃川のラベルが貼られたボトル。しかし、くちは藁で詰められ、中のそれは僅かに呼吸をしている...そう、これはどぶろく。
 これを与えられる奇跡に出会ってしまった。
 やさしい味、これがおいしさ基準。
 やさしさ全開。
 ちびりからゴクリへ...脳味噌破壊...。酒にも恵まれている。
 あなたのお屠蘇は何でした?
 効きすぎだ Zzz.....
f0016179_028165.jpg

[PR]
by hellingen | 2006-01-12 00:28 | mangiare

Chicorissimo C'e! ~BUON NATALE!~

PROSCIUTTO DI SAN DANIELE
 f0016179_20575651.jpg
 ここに見える生ハム、Cycro-cross1997 世界チャンピオン Daniele Pontoniが来日の際に持ち込んだもの、故あってA.Harunobuの手に。
 San Danieleは、イタリアのオーストリア国境近くの町。その地で作られる生ハム。
 熟成13ヶ月、命を吹き込まれたそれは、我々を深い味わいの世界へといざなう。
 Parma産の生ハムとはまた違った味わい。
 輸入はされてはいるが、Parma産の様には市場に流れてない。


 
f0016179_20575677.jpg
よいクリスマスを!
 みんな、ケーキを食べるのだよ! 

    

 Viva Chicorissimo!
[PR]
by hellingen | 2005-12-24 20:57 | mangiare