カテゴリ:Chicorhythm( 239 )

Chicorissimo C'e! ~Paccavo~


 朝、雨が降る前に自宅で薪割り。
 清里へ移動して薪割り。
  
                       薪割り!           
f0016179_05525100.jpg

                       薪割り!  


f0016179_0552520.jpg

                       薪割り!
[PR]
by hellingen | 2006-04-06 00:55 | Chicorhythm

Chicorissimo C'e! ~Logu~


                  f0016179_17234789.jpg
 丸太小屋のオヤジに、ログビルダーを紹介してもらうべく、厚木の七沢へ出向いてきました。
 基地では国内産の杉の木の加工をしていました。県によっては、県有林の木を使うのに補助金を出してくれるそうで、最近需要が増えてきたとか。
 今回建てるLoguは、ここで材にして、現地で一気に組み上げます。
 設計書を見せてもらいましたが、骨組みが丸太で壁は漆喰仕上げの建物のようです。
 "ログの世界も様々な切り口があるので、木こりともタイアップして様々な取り組みをしてみたい。" とビルダーの方はおっしゃっていました。その木こりの一人になれるよう、精進精進。
 
 今日はMotoで移動したのですが、風が強くて怖い怖い。しかーし!お天気で桜は咲き乱れ、景色は最高に春していました。
[PR]
by hellingen | 2006-04-03 17:48 | Chicorhythm

Chicorissimo C'e! ~Ufficcio Chicorissimo~

~Ero a Kurihira Akiyama Uenohara-si~ 

f0016179_1717554.jpg

 厳しい条件ですが、4月の半ばから旧秋山村で木こる事ができるようになりました。
 生家のYokohamaからは車で2時間、距離にして70km弱、通うには遠いのでUna copanna"小屋"を借りる手続きをしてきました。
ホームタウンは、はあくまで育ったYokohamaです。なので、ChicorissimoのBase camp、"Ufficcio Chicorissimo"キコリッシモ 事務所"の開設といったところでしょうか。
 つい先月までガタガタの砂利みちだったそうですが、前年度の工事で丁度この小屋の前まで舗装整備されたそうです。
 下にもう一軒小屋がありその下は沢、中々綺麗ですが、横がゴルフ場なので飲むのはNGかも。しかしBBQが出来るスペースがあるとかないとか、ギンギンのマイナスイオンを浴びて、涼むのには良いでしょうね。
 これで夏は寝苦しいYokohamaの夜から開放され、睡眠不足によるお肌の荒れも解消されるでしょう。
 そんなに"と~い"訳でもないので、変わらず遊びに来るなり誘うなりしてくださいね!
                                              よろしく。
 場所はこちら 、民族資料館の"館"の字の下辺り。

 そうそう、私のスーツ姿は超レアなので、よく目に焼き付けて於いてください。
                                         


                                           A.Harunobu
[PR]
by hellingen | 2006-03-31 17:42 | Chicorhythm

Chicorissimo C'e! ~♪~

 きこリズムの音階を拾いに行って来ました。f0016179_19135171.jpg
 家からだと少し走りすぎるので、多摩ニュータウンの某公園まで車で行き、そこから自転車へ乗り変え秋山村へ。本当は今日の筈だった顔合わせが明日になったのだが、場所がよく判らないので下調べ。一昨日走った疲労の残りと、強い逆風に喘ぎながら2時間弱で秋山村の役場を越した。秋山街道沿いにたたずむ一軒の饅頭屋へ辿り着く。ここではよく、お茶をもらったり梅干をもらったり、今日は情報収集。この界隈には500人ほどしか住人はいないらしく、明日役立ちそうな事まで知ってる知ってる。味噌とあんこの饅頭を頬張りながら、色々と聞いておいとました。
f0016179_11473942.jpg
 帰りは追い風&下り基調、途中いつも気になる民家を携帯の中へ納めて橋本へ、Logoの提供を受けている、レアなVWワゴンに乗るパン屋さん"cicoute"の経営者とすれ違ったのでHi5で"やっほー"、1時間半で車の待つベースキャンプに帰り着いた。
 今日も濃い汗に目が酸っぱがっていた。




 第2版はまだ出来てこない。(???) → 
[PR]
by hellingen | 2006-03-29 19:19 | Chicorhythm

Chicorissimo C'e! ~Pacco~

 小学校を終えるまでは、当番制で、木切れとおがくずを棒状にした商品"オガライト"で風呂を沸かしていた。ごみ焼きなども大好きで、頼まれもせずにせっせと火を付けては他に燃やせるものが無いか探した。母方の実家へ行けば五右衛門風呂と囲炉裏で火が活躍しているのをじーっと眺めていた。
 幼少期に生きた火を使ってきたせいか、暖炉、囲炉裏があるのを見るとなんとも羨ましくて仕方がない。"そんな人は都会にも少なくはないだろう。"と思い、構想を一つ思い描いていたのだがやる前にアタリがきた。たとえるなら、川で魚を釣ろうと糸を垂らし始めたら、針が水面に触れる前、偶然にも跳ねた魚が引っ掛かった状態。
 針が外れないよう、岸までうまく竿をコントロールできれば恩の字。けっこう大きな魚、うまく捕まえられて、更においしければ・・・・ほっぺが落ちても構わない!
焦らず慎重にPiano! Piano!
 
 
 
[PR]
by hellingen | 2006-03-14 19:55 | Chicorhythm

Chicorissimo C'e! ~il lavoro~

 新天地は?
 山梨県のきこり界の集まりに出向く。執り行われたのは集団面接のようなもの。
 とりあえず、退場時に呼び止め、即決の旨を伝えてくれたのが南アルプス市と韮崎の業者。
 組合系は後日の連絡待ち。本命は上野原市の組合なので保留にしてもらう。
 土木業界出身だと業者系には強いようだが、下準備もあったし、来ている人が…だけに選ばれるのは当然といえば当然かも。田舎暮らしのTVや雑誌を見て憧れで着たとおぼしき人は…
 山仕事は死亡率が群を抜いて高い。一般業種の平均の6倍。昨日も1人逝ってしまっているのだ。まあ、それ以前、一目見ただけで作業場に辿り着けるのか心配してしまう人が少々。
 人の事を言っておいて、いざ自分が逝ってしまわないようにだけはせねば。
 行き先が確保されたので良かった。
[PR]
by hellingen | 2006-03-13 00:30 | Chicorhythm

Chicorissimo C'e! ~Classic style~

 きこり業界は、輸入材に押されて低迷が続くなんて言われて久しい。山で仕事をする人はピーピー言わされて3Kしている。だが、そんな吹けば飛びそうな業界でも、ご多分に漏れず○○組合連合会などが、千代田区にドーンと居を構え沢山の人々を抱えている。
 旧態依然当たり前の連合会と各県公社のTOPが一同に会した場所へ行ってきた。'これだけの為にここへ?'という情報を得に行かなければいけない事態が旧態すぎ、で来週やっと本題の山梨へ。 今日は遠足の集合時間だけを聞きにいったようなもの。
 相手をしてくれた、座っているのが仕事のじいさま達だけじゃ、ホームページで情報公開なんて有り得ないのは見て納得。
 サンシャインの一画借りてやるような事ではないことを平気でやるんだから、きこり界低迷は、輸入材だけのせいでないのは明白だ。
 オリジナルな行動をとっても関心どころか干渉もないだろうから、マルチな次世代きこりを目指し、笑顔で頂くものだけ頂いたら、彼らからは退さ~ん。
 が目標だ!
[PR]
by hellingen | 2006-03-05 23:04 | Chicorhythm

Chicorissimo C'e! ~薪~

木こりになる。

f0016179_18565253.jpg
 
 隠れ木こりの今回の御相手は雄のイチョウの木。
 身の丈は5メートル、直径 30センチ程。雄の木なので銀杏は成りません。
 伝家の宝刀、Hasqvarna 346XP & Gransfoce Bruks を駆使して御覧の通り。
 切るのは簡単ですが、切れ口の具合で検討外れの方向へ倒れるなどして、近接の構造物を破壊してしまったり、切った本人を襲ったりと、非常に危険です。
 ベテランの方でも、作業中に亡くなる方は少なく有りません。
 そんな訳で、隠れ木こりと言っても、国の定めによる仕事に必要な講習を受け、作業者の資格は保有しています。
 今回は狙いの方向へBINGO!
 しか~し、肝心な薪を使う場所は保有しておりません。野焼きは通報されるのでNG。
 古民家を手に入れたい。
[PR]
by hellingen | 2005-12-12 18:56 | Chicorhythm

Chicorissimo C'e!      ~未来の薪?の巻~

f0016179_1834681.jpg

 ’もみの木’を発見!20mはある立派な木。
 都内某所、03じゃない地域の下水処理場の跡地にそびえ立っている。
 木こりのはずなのに、なぜかマンホールの蓋を取替る手伝いに出掛けた今日、出会ってしまった。
 今年のMyクリスマストゥりーはこれに決まり!
 薪にしたくなるくらいホレボレする木。・・・でもね・・・切っちゃいけないね。
 切ったらトナカイあたりにド突かれるかもしれない!
 靴下をぶら下げておくのがEんだろうな、きっと。



f0016179_19213665.jpg
 



 こいつに’もみの木’は見せられない。とても・・・。
[PR]
by hellingen | 2005-12-09 18:03 | Chicorhythm