<   2006年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

Chicorissimo C'e! ~L'uccello~

 寒さと暖かさが交錯する春の入り、過ごしやすい朝かと思えば、また寒の戻り。
 今朝は感覚的にかなり寒く感じて走行し始めたが、気のせいだったようだ。鶴見川の鴨が散らばって泳いでいる。
 彼らは、ある気温以下になると、とある水流の場所でプカプカとたむろしている、暖かい流れを知っている訳だ。動物はその時点の快適な場所をよく心得ている。そして、冬を乗り切るに当たって、随分と具合の良さそうな冬物毛皮を着ていたりする。
 その彼らの毛皮に関し、夏はどのような着心地か判らないが、冬に見る限りでは、さぞ暖いのだろうと羨ましく思うこともしばしば。
 やはり冬になると考えてしまう'なぜ人間は毛皮を脱ぎ捨ててしまったのか?'あればご機嫌のような気もするが、いかがなものか。


 寒い暖かいは別として、考えられる効能の一つとして、'ちょっとみんなで輪になって蚤の取りっこ'でもすれば、最近の虐待やら無差別殺人なんていうものは激減するのではないだろうか。
 
[PR]
by hellingen | 2006-02-28 19:02 | A.Haru pensa che

Chicorissimo C'e! ~due libri~

 縁と言うか、波長と言うか、特に親交が有るわけでないが、偶然とばったり出会う人とは、またばったり何て事が多々あったりする。
 中学時代の社会科の先生と山梨県でバッタリ会えば、数年後、新しく出来た幹線道に探索に曲がったらコンビニから登場とか。
 結構、偶然に運命を感じるのが好きな性格。
 以前、本屋に入り探し物中、全くジャンル違いの小説が置き去りにされていた。
 恐らく一度手にした人が考えを変え、その場に放り投げて行ったのだろう。これに運命を感じて買ってみたら、ブラジル人作家の作品だった。
 今回の偶然は、ペンを買いに入った古びた文具店兼本屋で、同じ作家の小説を買っていた事。
 本を買う気などさらさらなかった筈なのだが、ベルギーに旅立つ前だったので、その小説の題名に‘旅’という文字が入っていたので買ってみていたのだ。
どちらもフィーリングは良く、面白かった。
日本の真裏の国の作家と波長が合っているようだ。
そういえば、真裏の国では、リオのカーニバルが始まった。一度見に行ってみたいと思うが、浅草あたりのサンバカーニバルへ行くのがやっとだな。
[PR]
by hellingen | 2006-02-27 22:03 | A.Haru pensa che

Chicorissimo C'e! ~Sono solo.~

~Tutti piatti buoni!~

 気象庁の思惑通り、明け方から雨。一週間の精神衛生を保つための"Saturday night fever"は3時間10分のCycling。途中パン屋のStaffと遭遇、おしゃべりをしてペースを落とした以外はスムーズな速さを維持。
 精神の集中力欠如と空腹感が2時間30分で襲ってきたのが、自分がミドルレベルのスムーズな速さを維持していたという目安。ここ最近のポジションチェーック!の回数も減ってきたので、今期のセッティングも煮詰まってきたようだ。
 前倒しをして走った日曜の午前中の入れ替えは、30代御用足しの"お一人様"を自宅で。
 10時のおやつの御相手は、ワインといかした肴。自分に"いらっしゃいませ!"

f0016179_1202214.jpg:イタリアの赤Ca'di frara "La casetta"

:同上国のチーズ"taleggio"

:トルコのドライいちじく

:カリフォルニアレーズン Biologico

:スペインのサラミ

:町田の端で生まれるパン"campagne"+スイスエメンタールチーズ

 いちじくに塩気の利いたサラミや生ハムは、"あ・うん"の呼吸で美しいハ―― モニ――

 気になるのは、最近某所で仕込まれたらしい"どぶろく"は何時が飲み頃なのか?

 
[PR]
by hellingen | 2006-02-26 12:17 | mangiare

Chicorissimo C'e! ~Funky Saturday!~

~Domani piovera.~

                      趣味は何か?

            \\\\\\\\\\\\\\\\\\\思考中\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

                        !!!!!!!!!!
 それは"移動に熱中する。"そしてそれをするのに一番重宝しているのが"La Bicicletta"。まずは渋滞に強く"ONE WAY"もお構いなし、好き勝手に行き先を変更でき、飲んで乗っても検挙率が以上に低く、少しの知識で修理も簡単、車と比べれば維持費は断然掛からない。
 はっきり言ってこれが自転車に乗り続けている理由。
 2番目はMOTO、転ぶと大分痛そうなので控えめ。
 そんな移動をするのに持って来いの明日のお休みに、朝6時にもなれば雨がいらっしゃるとか。擦り減って帰宅しても、"明日はお休み!"と思い救われていたが、その救いも天気予報で撃沈。 昨今、荒天に弱みを見せ出したこの体、外出に黄色信号が灯る。
 考えられる道は唯一つ、今から存分に移動。そう"Saturday night fever!"
 Andero a essere entusiasmo nella strada con bicicletta questa notte.
 Dove vado...?
 Shake it up!
               Ciaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa!
[PR]
by hellingen | 2006-02-25 19:17 | la Bicicletta

Chicorissimo C'e! ~Funky Friday!~

~NACK5~

 近頃、働く人の車のウインドウに、日の丸に何やら文字が書いてあるものが置かれているのがミョーに目に付いていた。"右よりの人の増殖か?"と勝手に思っていたが、真実はFM79.5が仕掛けるプログラム"Funky friday"のクイズに答えると貰えるステッカーだと言う事が判明した。
 本日、早く帰宅したので、AM9:00からやっているそれを、初めて聞いた。DJ は、小林克也。彼がボイスチェンジャーで声を変え"もしもし、ミッキーだよー"で始め、クイズを出す。ステッカーには種類があるようで正解者は"日本語仕様が良いです。"などとチョイスしていた。
 かなり人気のプログラムのようで、ステッカーをコピーしたものをラミネート加工までして、仲間内で車に置いている人々までいるそうだ。
 情報を提供してくれたわたしの知人も、配達先からプログラムの情報とステッカーのコピーを貰ってはまり、金曜になると"本物"を手に入れるべくTELしまくっている様子。
 本物、偽者問わず、この日の丸マークを置いている車は、すれ違い時にサムアップして挨拶するのが流儀だとか。
 そういうことだったのか。土曜日が休みならば、私もmore、"Funky friday"するのだが、Peccato! 

 
[PR]
by hellingen | 2006-02-24 16:12 | A.Haru pensa che

Chicorissimo C'e! ~la sella~

~Crepi!~

f0016179_1801143.jpg そろそろ丸2年を経過するPrimaveraのサドル。ItaliaのSella Italia社製のもの。ここのポリシーはサドルには"本皮を使うこと"と教わった。
 使い込んでここまで削れるのには、相手が有ってのこと。そう、お尻とサドルに板ばさみになるズボンとアンダーウェア、この二点の消耗は激しいもので、仕事での消耗を遥かに上回る。三枚をローテーションする厚手のズボンのうち二枚がシースルー状態に陥った。この間一年も掛かっていない。他はまだまだいけるので、お尻の部分をパッチ補修するしかない。
 こうやって、物の消耗は見てとれて、補修なり交換なりが考えられるが、生命力の消耗具合は判らない。どれ位消耗しているのだろうか?
 とりあえず、お尻はたんぱく質で再生可能だから、"牛乳に相談だ!"・・・ライオンもやっつけられるようだし。
[PR]
by hellingen | 2006-02-23 18:00 | A.Haru pensa che

Chicorissimo C'e! ~Belgie, その時 ⅩⅣ~

~Saranno una gita.~
f0016179_18131491.jpg
 なにやら集団の影を発見!先回り!



f0016179_1813395.jpg


 
 先ずは先頭の二人に遭遇。
 なんと腕にはベルギー自転車連盟の腕章が。
f0016179_18135672.jpg 




 続くのは、どう見ても老人、老人、老人。
 ちなみに陽はあるが、風がピ~プ~結構な寒さ。
f0016179_18142435.jpg




 そしてしんがりを勤める人。
f0016179_1815241.jpg




 お見送り~! "Buona giornata!"
 蛍光イエローの反射ベストにはKBCの文字。


 ItaliaでCaffeと言えばEspressoのこと。
 Belgieで自転車と言えばロードレーサーのこと。
 レーサーの格好をしてロードレーサーで駆け抜けてゆく老人も多いが、この度出会ったのは、プチサイクリングの集団。
 こんな小さなお年寄りのプチサイクリングの集団をオルガナイズしているのは、なんとベルギー自転車連盟。レース会場で見かける連盟の腕章をしているのがその証。
 反射ベストにサプライヤーがいるのだから素晴らしい。
 レースに限らず、こんな小さな平日のプチサイクリングまでオルガナイズするベルギー自転車連盟の懐の深さには恐れ入る。自転車王国の名は伊達ではない。
 ちなみに、現首相と建設省TOPの趣味は自転車。
 首相は他国訪問時にはロードレーサー持参で出かける。
 HoogledeでCROSS観戦していれば、建設省TOPもお約束の長靴着用で登場。
 あ~、お国違えば連盟も違う。久々にエントリーの日本の自転車連盟主催レースにエントリー。何にどう掛かるのか?エントリーに5000円。
 まずは何年も続く悪習、"くだらない参加賞"なんてものを無くして欲しい。
 ベルギー自転車連盟の爪のあか貰ってきて飲ませたいが、全然効き目ないんだろうな、日本の自転車連盟には。


 
[PR]
by hellingen | 2006-02-22 19:11 | Belgie

Chicorissimo C'e!


Next competition

Start: 02/04/2006
Finish : 02/04/2006
Race: 31th challenge cycle road race
Country:Syuzenji JAPAN

Start list
       
       B-4 30~39才の男子 25km 150名 ← A.Harunobu

Last competition

Start: 18/12/2005
Finish : 18/12/2005
Race: CycloCrossMeeting #5
Country:Azumino JAPAN

Result

Gruppo Chicorissimo ロゴを胸にイベント等に参加予定の際は、ご一報ください。
[PR]
by hellingen | 2006-02-21 17:53 | info

Chicorissimo C'e! ~Belgie, その時 ⅩⅢ~

~Veldrijt Hooglede~
f0016179_17214917.jpgf0016179_1722177.jpg
 'Elite'クラスの選手がStart地点に集まってきた。真ん中に居るのは辻浦(BS)。
 Start地点は観客で一杯だが、選手たちは用足しを堂々と行う。これはクロスに限らずロードでもそう。
 時間に追われると、女子選手でも脇の茂みで平然と用足しを行っている場合がある。おいたわしい。
 ロケット発射もいよいよ!
[PR]
by hellingen | 2006-02-21 17:35 | Belgie

Chicorissimo C'e! ~Originale~

f0016179_13171372.jpg 久しぶりに見てはいけない物を見てしまった。とある駅での青空駐輪。オーナーを待つその自転車は電飾によって光輝いていた。
 かつて、トラック野郎の車をまねた'デコちゃり'なるものが存在したが、これはウイングなどを搭載して、グランツーリズモ風に仕上げた一品。スッテカーは'ドリフト天国'とかいうのが貼ってあった。かつての'デコちゃり'とはまた一線を画した味付けだ。
 私より先にこれを見た男性グループは、口々に疑問の声をぶつけ合っていた。'ダウンホースとって意味有るのかよ・・・'、'スゲーよ、電気つけたままだよ'、'これってそういう事をして速くなるのかよ!'etc
 確かにその通りですがそこまで言っては大人気ない。イーんですこれで!かかって来たら、返り討ちにして判らせてあげれば。
 某高校の自転車通学許可のステッカーが貼ってあったので、これで高校へ通っているようだ。
 マブシスギル!
[PR]
by hellingen | 2006-02-20 13:17 | la Bicicletta