<   2006年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧

Chicorissimo C'e! ~木こりズム~

f0016179_20493619.jpg

~木こリズム 笛吹編~

 石を2回も喰わせてしまった。これは研ぐのに時間も食う。


 どうも13incのバーの方が自分的には使い勝手がよい。
 チェーントラブルが圧倒的に少ないのだ。
 `今日は外れる、ずれる、石を喰う`の3拍子。癖なのだろうが、今の機会に慣れないことには話にならない。
 手首の痛みを利用して、負担の少ない使い方を模索してみた、2度激痛を味わったが、悩みは解消した。手首の角度と腕の引きが問題だったようだ。
 

 この所、笹子の現20号のトンルを抜ける自転車を多く見る。夏休みを利用してのサイクリングのようだ、車種は様々。
 凄い度胸だあのトンネルを抜けるとは。
 今まで通過経験なし、旧道か奥多摩経由で柳沢峠越えだ。
 
[PR]
by hellingen | 2006-08-31 20:49 | Chicorhythm

Chicorissimo C'e! ~木こりズム~

f0016179_23728.jpg

~8月の名残~

 名残というか…、高原の1コマ。 
[PR]
by hellingen | 2006-08-30 23:07 | A.Haru pensa che

Chicorissimo C'e! ~木こりズム~

~木こリズム 笛吹編~

 今日は朝から非常な気だるさと筋肉痛。地ごしらえの杭打ちによるBack crash、久々の長時間Motor playにより、右手首が逝ってしまった。
 この手首は小学生の時、所属していた囃子連の山車から落ちたとき以来調子が悪いので泣き所である。
 嘆いても始まらないので、致し方なく痛みを堪えながら間伐をして時間を過ごしていくと、昼前から本格的な’雨’。もちろん撤退である、いるかもしれない神様が、少しだけ回復の時間をくれたようだ。
 常備食の買出しがてら、yokohamaへ置きっぱなしの椅子を取りつつ、手首を使わないためにも洗濯機を使いに戻った。
 そして、陸の孤島に再び。
 
[PR]
by hellingen | 2006-08-30 18:06 | Chicorhythm

Chicorissimo C'e! ~木こりズム~

f0016179_1858876.jpg

~木こリズム 笛吹編~

 今日も一迅の風となって帰ります。


 `木起こし`をやっとこさ終わらせて、午後からは`間伐`。
 直径20~30cmの桧なので、ヒョイヒョイ倒せるが、面積は全部で10ha程あるらしい。明日、休みを取っていた若手が帰ってくるのだが、月末で2名が居なくなる。
 来月からは親方を入れて3名。倒し甲斐がありそうである。
[PR]
by hellingen | 2006-08-29 18:58 | Chicorhythm

Chicorissimo C'e! ~木こりズム~

f0016179_20232711.jpg

~木こリズム 笛吹編~

 妖しい色!


 木起こしの続きに行く。本日は2名で作業。続く雨で直ぐにびしょびしょ。長い1日だった。
 雨後はキノコをよく見かける。さすがにおいそれと手は出せません。
 ここから御坂界隈はこれから蜂と熊の季節のようで、数々の武勇伝を聞かされた。
 熊は`棟梁`で間に合っている。
 蜂は蜜だけで結構だ。
 I play `出会いませんように`
[PR]
by hellingen | 2006-08-28 20:23 | Chicorhythm

Chicorissimo C'e! by`Y.Tomoya`

f0016179_23475483.jpg

~乗鞍~

 スタート前、後輪のエアー圧が低い!!昨日入れたはずなのに。スローパンクだ!!や・ば・い
チュウブを交換する時間もないし、とりあえずエアーを入れ直しスタート。結果1時間24分と自己ベストには及ばないけど、去年よりタイムはよかったです。
下山して後輪確認したらエアー圧50%Offでした。
 よかったのやら悪かったのやら。
[PR]
by hellingen | 2006-08-27 23:47 | Y.Tomoya

Chicorissimo C'e! ~木こりズム~

f0016179_2334514.jpg

~あらいOK(桶)!~

 普通のバケツでは、洗濯し辛いので、タライを買って参りました!


 秋山は朝から雨でした。
 昨日は掛矢で杭を打ちまくったので、手の平を始めとして、他パーツが筋肉痛。昼まで横たわってから洗濯に取りかかりました。いつも思っていた事に、バケツだと間口が狭く深すぎるという事がありました。
 夕方になってから、上野原にチェーンソウの講習に出向いて来ていた郵便局員をお供にして、タライを探しにJマートに行きました。プラスチックの物は直ぐに見つかりましたが、魅力がありません。もう少し店内をウロウロ、有りました! 棚の上にポツッと一つトタン製のタライが。間口はφ42cm、深さも良さそうです。
 上から落としてドリフターズネタも可能という素晴らしさ。
 明日の洗濯が楽しみです。
[PR]
by hellingen | 2006-08-27 23:34 | A.Haru pensa che

Chicorissimo C'e!

Next competition

Start: 27/8/2006
Finish: 27/8/2006
Race: Mt.hill climb NORIKURA
country: Norikura-kougen, Japan
Start list: Y.Tomoya


Last competition

Start: 29/7/2006
Finish: 30/7/2006
Race: 20th Mt.Chokai Bicycle classic
country: Yashima, Japan
[PR]
by hellingen | 2006-08-26 19:06 | info

Chicorissimo C'e! ~木こりズム~

f0016179_1838753.jpg

~木こリズム 笛吹編~

 `地拵え`(じごしらえ)=植林前の下拵え

 後ろの茶色い固まりは、伐倒、処理された木の残骸。それを集めて等高線に沿って`棚`を作ります。
 今日は`地拵え`の日でした。
 Twingoには斧が搭載されています。`それ`で出掛けたので、枝払いに使いました。
 ワタシと違って`切・れ・モ・ノ・です!`非常~に。
 
[PR]
by hellingen | 2006-08-26 18:38 | Chicorhythm

Chicorissimo C'e! ~木こりズム~

f0016179_18545065.jpg

~木こリズム 笛吹編~

 こちらも土砂降りです。林道は濁流で川に!
 ヒャ~助けてー!


 コロッコロッと予定変更で桧と杉の間伐に向いました。
 今迄で一番の斜度の現場ですが、そんなに苦ではありません。
 どこもゼノアの37ccを貸してくれますが、My Husq 346XPに比べると非力さを感じます。それでもブインブインと使って慣れれば悪くありません。ここの機械はなかなか程度がよく、Saw chainはまだまだ刃のあるHusqの物が付いています。須玉ではへたりきったボコボコの刃でエンジンは吹けない代物でした。
 包丁は、`切れないと怪我をする`と言いますが、Chain sawも一緒です。切る物が重いだけに、思い通りに切れないと倒したい方向に倒れなかったり、木にChain sawを喰われ引きずりこまれたりします。
 自分の腕前を棚に上げて言えば、この前の傷を作った原因は切れ味のなさだと思っています。  目立てが肝心と思い知りました。
 K.Yujiの使っていた角度出しのプレートを笛吹から導入し、今日から使っています。全ての刃に使えて便利、切り屑の形状、食い込み共に良好で、上手く目立て出来ました。今日は(!?)
 標高は1000m位でしょうか? 午後に入り一時間程して土砂降りに出会いました。昨日も雷が直ぐ頭上で轟いていたのですが、今日は、昨日より歩いて40分程標高が高いところでしたので、目と鼻の先。凄まじい音です。落ちた気配はありませんが生きた心地はしません。
 みんなでずぶ濡れになり下山し早上がりとなりました。
 下山の林道は濁流で川の様です。Mateで負けずに下りきり、一時間の雨中走行、バイク乗りだけが知るあの極寒体験をしながら秋山に辿り着きました。
 アルコールが必要なのは言うまでもありません。

 さ・む・か・っ・た…
[PR]
by hellingen | 2006-08-25 18:54 | Chicorhythm