<   2009年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

Chicorissimo C'e!

~強い組み方とは~

 スポークの放射方向で強い方向は↓
f0016179_21323255.jpg


 チェーンに引っ張られる方のスポークが、ハブフランジの中から外へ通してある方が強度の高いホイールになるようです。逆〈外から内にスポークを通し進行方向より後ろに放射)に組むと空気抵抗の軽減重視に。
 DISCホイールのない頃のEUROPEロードのシーンを写真で見ると、ほとんどのTEAMが、TTでは前後ホイール共に空気抵抗重視の組み方、マスドスタートでは、前輪が空気抵抗重視、後輪が強度重視と見事に使い分けています。
 パリ~ルーべは化石となりつつある(なった??)36Hの結線止め(スポークのクロスしている部分を鉄線で結束し、ハンダで固める)仕様が当たり前だった様な気がします。
[PR]
by hellingen | 2009-02-25 21:51 | la Bicicletta

Chicorissimo C'e!

f0016179_18325753.jpg

~両発進立坑~

 雨で私の受け持つ開削工事(地面から掘り進んで管などを埋めていく工事)は休みです。
 ここの現場にも、5m深の立坑があります。
 中に居るのは、兵庫から来ている推進(縦穴を掘りそこから管などを設備で押し込んでいく工事)業者の方々です。車のナンバーは姫路!
 横穴を掘って管を入れて行くにも色々な工法が開発されています。彼等はCBMと言う工法のスペシャリスト達です。
[PR]
by hellingen | 2009-02-25 18:32

Chicorissimo C'e!

f0016179_8281459.jpg

f0016179_8281468.jpg

~ご褒美~

 引越しの手伝いをしてきました。
 たて型ピアノを三階から吊り降ろすイベントがあり、難儀な引越しになると思っていましたが、三階の軒がセットバックしていた為、スムースに事は運びました。
 報酬の他に、ご馳走を頂戴しました。
 スライスしたての生ハムは、しっとり感が違いますね。
[PR]
by hellingen | 2009-02-23 08:28

Chicorissimo C’e!

~塩ビ管接続~

 埋設したマンホールを塩ビ管で繋ぐ作業に着手しました。

f0016179_1939772.jpg


 トレンチ(塹壕)、いわゆる’ほり’を作って、塩ビ管〈ここは、直径20CMのパイプを使用。)を繋いでいきます。
 ’ほり’も深くなると(確か2m超?いや、1.8m超だったかな?)山留め支保工’やまどめしほこう’なるものをしなければなりません。いわゆる崩落防止策です。ちなみに、穴を掘っていて土砂崩れがくる事を私どもは、’山が来る’と言います。
[PR]
by hellingen | 2009-02-21 22:02 | Lavoro

Chicorissimo C'e!

~0号~
f0016179_1844274.jpg


 此は、組み立て式マンホールの0号を地中に据え付けたところです。
 他に1号なども使った事が有ります、主な違いは直径かな?何号まであるかは、勉強不足で判りません。
 因みに此処は深さにして3m弱、メインのピースを3つと、、調整リングというものを入れて組み上げました。
 色々規定が有るようで、組合せはそれなりに頭を使うようです。自分自身で頼んだことは有りません。
[PR]
by hellingen | 2009-02-20 18:44 | Lavoro

Chicorissimo C'e!

f0016179_8531348.jpg

f0016179_8531334.jpg

~ホイール~

 朝の交通規制を始める待ち時間の合間に仮組から、調整に入りました。先ずはフロントホイールから。
 Power toolを使い、ニップルをある程度まで締め込みます。此は楽で、時間もかなり節約出来ます。
 現場移動の車に何故か!?触れ取り台がのっているので、そのまま本調整です。
[PR]
by hellingen | 2009-02-20 08:53

Chicorissimo C’e!

~今日からこちら~

 今日から違う現場へ奉公にでました。家から14km、丹沢山系が間近に見え、走りに行きたくなります。
 お手伝いの現場は下水道の新設です。ちょっと田舎の雰囲気が漂う場所でのどか(?)に仕事です。

f0016179_213279.jpg

 組立式のマンホールの図面です。家などがそうであるように、マンホールも組立式の昨今です。
 ここでは’組立0号人孔’なるものを組み立てます。

f0016179_2121716.jpg

 私の仕事はレベル(設計の高さ)を一点見る事と、要所の写真撮影が少し。あとは熟練工任せです。

f0016179_212357100.jpg

 現場は狭くてきつい坂道です。道幅は2.2mほどですが、都市対応のバックホウ(ショベルカー)は、自身のキャタピラ幅以内で旋回し掘削土をダンプに積み込めます。
 ここで使っているのはKOMATHUというメーカのPC58UU。キャタピラ幅2mの物です。


 明日も同じ物をもう一つ埋設(まいせつ)します。
[PR]
by hellingen | 2009-02-19 21:31 | Lavoro

Chicorissimo C'e!

~Do it…~
f0016179_12551974.jpg


 昼休みを利用してリム組を開始しました。

f0016179_1255192.jpg


 スポークの放射方向で、強度、空気抵抗の違いが出ます。
前輪は左右バランスが良いので、空気抵抗重視でも良いのですが、前後共に強度重視の組み方をしました。
[PR]
by hellingen | 2009-02-18 12:55

Chicorissimo C'e!

f0016179_1248274.jpg

~Boooom~

 現場で丸太の処理があったので、Husqを引っ張り出しました。
 森に入りたくなります。
[PR]
by hellingen | 2009-02-18 12:48

Chicorissimo

~終わり~


f0016179_1584257.jpg


 掘り下げが終わり、砕石’さいせき’なる石を25cm厚で敷き、叩きます。

f0016179_24578.jpg


 そして最後がベースとなるコンクリートを20cm厚で打設’だせつ’して終わりです。


 これで、わたしはまた移動。
[PR]
by hellingen | 2009-02-17 02:08 | Lavoro